マルゼンスキー生産、橋本聖子五輪相の父・橋本善吉氏死去

19日に、橋本聖子五輪相の父で、8戦8勝で「スーパーカー」「外車」といわれたマルゼンスキーの生産者(マルゼンスキーは、橋本善吉氏がマルゼンスキーを宿したマルゼンスキーの母を米国で購入し、日本で生まれた)で馬主としても知られる橋本善吉氏が96歳で亡くなっていたことがわかった

橋本さんは、1973年に、英3冠馬・ニジンスキーの子(マルゼンスキー)を宿したシル(マルゼンスキーの母)を米国のセリで購入

翌年の1974年に、北海道の橋本氏の橋本牧場で、マルゼンスキーと名付けられた牡馬が誕生

1976年にデビューしたマルゼンスキーは、8戦8勝、着差のつきづらい短距離レースを中心(最長距離で芝1800メートル)に合計着差61馬身の規格外の強さを誇った

だが、当時は海外で受胎した馬はクラシックに出走できなかった

マルゼンスキーは、当然日本ダービーにも出走できず、(マルゼンスキーの)主戦騎手・中野渡清一騎手は「大外枠でもいい。賞金もいらないので出たい」との主旨の発言をした

マルゼンスキーは、現役引退後に、日本ダービー馬・サクラチヨノオー、菊花賞馬・ホリスキーなどを出し、成功した

1997年8月21日に23歳(当時は旧表記で24歳)で死亡

娘の聖子氏は、1992年アルベールビル冬季五輪で銅メダルに輝くなど五輪に夏冬で計7度出場している

橋本善吉氏は偉大な父だった

プロ野球、岩隈久志投手が今季限りの現役引退

19日に、ここまで日米通算170勝(2020年10月19日現在)をした岩隈久志投手が今季限りで現役引退へ

2017年に右肩の手術を受け、2019年に巨人で日本球界復帰をしたが、これまで1軍での登板はなし

1軍復帰への夢はかなわずのままでの現役引退の決断となりました

岩隈投手は、2000年に、堀越高(東京)からドラフト5位入団

2005年に近鉄消滅で、新球団・楽天入り

楽天時代の2008年に21勝を挙げ、パ・リーグMVPに

2012年から大リーグ・マリナーズ移籍

2015年にノーヒットノーラン達成

2019年に巨人で日本球界復帰

日本プロ野球では、226試合に登板し、107勝69敗、防御率3.25

大リーグでは、150試合で63勝39敗3セーブ、防御率3.42

(数字は、2020年10月19日現在)

日本プロ野球・・・

最優秀防御率1回(2008年)、最高勝率2回(2004年、2008年)、最多勝2回(2004年、2008年)

パ・リーグMVP1回(2008年)、沢村賞1回(2008年)、最優秀投手2回(2004年、2008年)

ベストナイン2回(2004年、2008年)

アメリカ大リーグ・・・

ノーヒットノーラン1回(2015年8月12日、対オリオールズ戦)

2004年に初の開幕投手となり、開幕投手を務め、開幕12連勝の当時のプロ野球記録

この記録は、今年(2020年)、現在のチームメイトの巨人・菅野智之投手に開幕13連勝で更新されるまでのプロ野球記録だった

 
あせらない。 – 空を見て大きく深呼吸をしよう – (ワニブックスPLUS新書)

 

同日に、プロ野球・阪神対ヤクルト戦が行われ、九回終了1-1で引き分け

阪神の藤浪晋太郎投手が七回に3番手で登板し、代打・松本友内野手との対戦で球団最速の162キロを計測し、甲子園球場をどよめかせるなど、3者凡退の完璧にヤクルト打線を抑えたが、試合は引き分けに終わった

 
藤浪晋太郎―阪神タイガース (スポーツアルバム No. 46)

プロ野球、DeNA・梶谷外野手が逆転満塁弾

18日に、プロ野球・DeNA対巨人戦が行われ、DeNAが10-6で勝利

DeNAの梶谷外野手は、七回に逆転劇を演出する18号満塁弾

この日の梶谷外野手は、さらに八回にも19号2ランを放ち、5打数2安打6打点

チームの勝率5割復帰に貢献

巨人は敗れましたが、2位・中日も敗れたため、優勝へのマジック(M)が7へ


横浜DeNAベイスターズのオキテ ~熱き星たちの「あるある」100ヵ条!

DeNAの「あるある」

 同日に、国内男子ゴルフのメジャー・日本オープン最終日が行われ、稲森佑貴選手が通算5アンダーで優勝

稲森選手は、2018年も日本オープンを優勝しており、これでツアー2勝目

ツアー初勝利も2勝目も日本オープン

ノバク・ジョコビッチ選手を「復活」させた食事法「グルテンフリー」

2020年10月12日付のテニスの世界ランキングで1位を維持したノバク・ジョコビッチ選手(セルビア)

男子テニス界のトップに君臨するトップ選手の一人

しかし、彼には小麦アレルギーがあり、そのため、低迷した時期もありました

私も子供のころ、アレルギー性鼻炎で病院に通院してした時期があり、ジョコビッチ選手のような食物のアレルギーではないですが、アレルギーに悩んでいた時期があります

アレルギー性鼻炎(主にハウスダストなどが原因)は、大人になるとだいぶ「改善」されましたが、今でも季節の変わり目に、鼻水やくしゃみなどが出ます
(花粉症でもあります、花粉症もアレルギーの一種といわれます)

アレルギー性鼻炎の影響が覗きます

ジョコビッチ選手は、小麦を使わない「グルテンフリー」を取り入れ、体質を改善し、テニス選手としての低迷から脱し、トップのテニス選手として「復活」しました

「グルテンフリー」は、ジョコビッチ選手のように、小麦アレルギーに悩む人に「有効」のようです

ジョコビッチ選手を「復活」させた食事法については、ノバク・ジョコビッチの生まれ変わる食事 新装版が詳しいです

ただし、「グルテンフリー」は万人向けでないとの意見もあり、小麦アレルギーには「有効」なようですが、食事法に取り入れるかは、医師などに相談した方がいいようです

上記の「注意」を守れば、体質改善が期待できる食事法のようです


ジョコビッチの生まれ変わる食事 新装版

プロ野球、楽天・岸孝之投手が2被安打13Kの完封勝利

15日に、プロ野球・ロッテ―楽天戦が行われました

楽天が6-0で勝利

楽天は、二回に4点、六回に2点を挙げ、ロッテに連勝

楽天の先発・岸孝之投手は、9回2被安打無失点・13奪三振1四球で2018年5月2日の日本ハム戦以来2年ぶりの完封勝利

今季負けなしの4勝目(8試合登板)

岸投手は9回をわずか2被安打で1四球、13奪三振の力投でほぼ完璧にロッテに完封勝利

「持ち球が全部良かったです」と自画自賛する投球内容

この日試合のあったZOZOマリンスタジアムは、2014年5月2日にノーヒットノーランを達成した休場だ

岸投手は(楽天のクライマックスシリーズ(CS)出場(今季は新型コロナウイルスの影響でリーグ2位以内)を)まだあきらめていないとし、この日の勝利で2位・ロッテに4ゲーム差と詰め、逆転でのCS出場に望みをつないだ

 
BBM 2020 579 岸 孝之 東北楽天ゴールデンイーグルス (レギュラーカード/GROUND MASTER) ベースボールカード 2ndバージョン

プロ野球、巨人・菅野智之投手が開幕13連勝でストップ

開幕(投手)から連勝を続けていた巨人の菅野智之投手が13日の広島戦で開幕13連勝でストップ

今季シーズン初黒星を喫した

13日に、プロ野球・巨人―広島戦が行われ、広島が4-3で勝利

巨人の先発・菅野智之投手は、広島戦で6回4失点(3自責点)で黒星を喫し、開幕からの連勝記録が13で止まった

この試合に勝利すれば開幕投手に限定しない開幕連勝が14となり、1966年に高卒新人だった堀内恒夫氏と自身を抜く球団新記録だった

敗れはしたが、開幕投手を務めての開幕13連勝は、プロ野球記録

開幕13連勝は、球団記録タイ

ちなみに、開幕連勝のプロ野球記録は、2013年の楽天・田中将大投手(現ヤンキース)の24

プロ野球の開幕13連勝以上の投手(敬称略)・・・

24 田中将大(楽天=2013年)(シーズン無敗)
15 間柴茂有(日本ハム=1981年)(シーズン無敗)
15 斉藤和巳(ソフトバンク=2005年)
14 篠原貴行(ダイエー=1999年)
13 御園生崇男(阪神=1947年)
13 堀内恒夫(巨人=1966年)(新人)
13 菅野智之(巨人=2020年)(開幕投手)

今季通算2000安打が期待される巨人・坂本内野手はこの日2安打で残り23安打とした

この日は、巨人の原辰徳監督の続投を巨人の山口寿一オーナーが明言

原監督の続投決定に、白星をプレゼントできなかった

 
菅野智之のピッチングバイブル (B.B.MOOK1435)


ただ栄光のために―堀内恒夫物語 (新潮文庫)

開幕13連勝した1966年は新人だった堀内恒夫氏
新人の開幕連勝のプロ野球記録
その後、巨人のエースとしてV9に貢献


絶対エース育成論 ~なぜ田中将大は24連勝できたのか?

田中将大投手は2013年にシーズン24連勝(無敗)で楽天を球団初の日本一に導いた


監督 原辰徳研究 この「名将の器」に気付かなかった面々へ

原辰徳監督は日本一3度、リーグ優勝8度、巨人歴代最多勝利監督などを達成

プロバスケットボール、NBAファイナル、レイカーズが17度目のV

11日に、米プロバスケットボール・NBAファイナル(7回戦)の第6戦が行われました

西カンファレンスを制したレイカーズが106-93で東カンファレンスを制したヒートに勝ち、4勝2敗で10季ぶり17度目の優勝

17度の優勝は、セルティックス地並ぶ史上最多

ファイナルのMVP(最優秀選手)は、レイカーズのレブロン・ジェイムズ選手

ジェームズ選手は、この第6戦でも28得点、14リバウンド、10アシストと「トリプルダブル」(3部門で2桁)と活躍した

レイカーズは、NBAで最多タイの17度のファイナル制覇を誇る名門・強豪

カリーム・アブドゥル=ジャパー氏、マジック・ジョンソン氏、シャキール・オニール氏、コービー・ブライアント氏などの名選手が在籍

現在でも名選手のジェームズ選手が在籍

11日に、プロ野球・ヤクルトの五十嵐亮太投手が今季限りの現役引退を球団に伝えていたことが関係者の取材でわかった

五十嵐投手は、日米通算905試合登板をしてきた

プロ23年目で、今季の登板機会はなし

2004年に最優秀救援投手を受賞

大リーグでも投げ、3球団で83試合で5勝2敗、防御率6.41

ヤクルトから大リーグ、日本球界に戻り、ソフトバンクからヤクルト移籍

日本プロ野球では、822試合で65勝39敗70セーブ、防御膣2.93

全盛期は剛速球投手

プロ野球、楽天が田中将大投手獲得へ

10日に、プロ野球・楽天が、大リーグ・ヤンキースの田中将大投手の獲得調査を進めていることが分かった

田中投手は、楽天在籍の2013年にレギュラーシーズンで24連勝(0敗)し、レギュラーシーズン無敗で球団初のリーグ優勝に導き、クライマックスシリーズ(CS)でも負けなしで優勝に導き、球団初の日本シリーズ進出へ(巨人戦)

日本シリーズも初戦を田中投手は勝ったが、第6戦は9回完投の力投ながら負け投手に

3勝3敗で迎えた第7戦で、前日の第6戦で9回完投の力投をしたばかりなのに、リードの九回から登板し、後続を抑え、巨人に勝利

4勝3敗で球団初の日本一に導いた

この年のオフにポスティング(入札)制度を利用して、大リーグ・ヤンキースへ移籍

ヤンキースでも先発投手で活躍

移籍後も楽天と田中投手との良好な関係は続き、球団は変わらぬ高評価をし、田中投手も古巣の楽天に愛着があるという

ヤンキースはポストシーズンに進出したものの、すでに敗退

今年はヤンキースとの7年契約が終わり、ワールドシリーズ終了後にフリーエージェント(fA)となるその去就が注目されている

 
絶対エース育成論 ~なぜ田中将大は24連勝できたのか?

田中将大投手は、2013年にシーズン24連勝無敗で楽天を日本一に導き、大リーグ・ヤンキースへ

2020年はヤンキースとの契約が切れ、その去就が注目されている

テニス、全仏オープン男子シングルスでラファエル・ナダル選手が前人未踏の13回目の優勝

11日に、テニスの四大大会・全仏オープンの男子シングルス決勝が行われました

第2シードのラファエル・ナダル選手(スペイン)が第1シードのノバク・ジョコビッチ選手(セルビア)にセットカウント3-0(6-0、6-2、7-5)のストレートで勝ち、4連覇達成

これでナダル選手は、全仏オープンでマッチ100勝目

そして、男子シングルスではロジャー・フェデラー選手(スイス)と並ぶ四大大会最多の20回目の優勝

それにしても全仏オープンにおけるナダル選手の強さは驚異的だ

同大会4回目の失セット0の完全優勝で4連覇

全仏オープンの優勝は、前人未踏の13回目

4連覇、5連覇、4連覇での13回の優勝
(2005-2008年、2010-2014年、2017-2020年)

四大大会20回の優勝のうち13回の優勝が全仏オープン

ナダル選手は、全仏オープンのクレーコート(赤土コート)では、無類の強さを誇る

ナダル選手は、他のサーフェスの四大大会などでも優勝(四大大会では、ハードコートの全豪オープン1回優勝(2009年)、全米オープン4回優勝(2010・2013・2017・2019年)、芝コートの全英オープン(ウィンブルドン)2回優勝(3008・2010年))しており、生涯グランドスラムも達成しており、クレーコートに強いだけの選手ではありませんが、クレーコートの全仏オープンなどでの強さは圧倒的です

このため、ナダル選手は、「赤土の絶対王者」とも呼ばれます


ラファエル・ナダル 自伝

前人未踏13回目の全仏オープン優勝をしたラファエル・ナダル選手の自伝
全仏オープンは、四大大会14回優勝のピート・サンプラス氏などが1回も優勝できなかった
全仏オープンは、芝コートやハードコートのように球足が速くなく、球足が遅い特徴のあるクレーコート(赤土コート)です
ナダル選手は、クレーコートに滅法強く「赤土の絶対王者」ともいわれています



10日に、女子シングルス決勝が行われました

優勝は、19歳の・イガ・シュピオンテク選手(ポーランド)

世界ランキング54位のシュピオンテク選手は、同6位で第4シード、今年の全豪オープンを制したソフィア・ケニン選手を(米国)にットカウント2-0(6-4、6-1)のストレートで勝ち、四大太太初優勝

1975年にランキング制度が導入されて以来、同太太の女子シングルスでは、最もランキングが低い選手による優勝

ツアー初優勝が四大大会制覇という快挙となった

まさに無欲の勝利だった

ポーランド勢の四大大会制覇は、男子を含めて初

全仏の女子シングルスを10代が制したのは、23年ぶり

 

プロ野球、阪神球団社長が集団感染で辞任

9日に、プロ野球・阪神の揚塩健治球団社長が今季限りでチームの相次いだ新型コロナウイルスの集団感染の責任を取って辞任することを発表

シーズン終了後の12月1日付で辞任へ

後任は未定

阪神タイガースは、チーム名が大阪だった時代もあるが、親会社は一貫して阪神電鉄

本拠地も一貫して甲子園球場

2リーグ制以後のいわゆる日本一は、1985年のみ

しかし、1リーグ制時代の1937年秋と1938年春にリーグ優勝し、この2年間は春と秋の優勝チームの対決による(いずれも巨人との対決の)勝利で2年連続年間優勝チームとなった

年間優勝は、「実質日本一」ともいえます

リーグ優勝は、1リーグ時代も含め、1937年秋、1938年春、1944年、1947年、1962年、1964年、1985年、2003年、2005年

日本シリーズ出場は、1962年、1964年、1985年、2003年、2005年、2014年

2014年はリーグ優勝は逃したが、クライマックスシリーズ(CS)を制し日本シリーズ進出

CS(リーグ3位以内で出場)へは、2007年、2008年、2013年、2014年、2015年、2017年、2019年

阪神タイガースは弱い時代もあったが、歴史ある優勝争いをする強豪チームの印象

巨人と阪神の対決は、「伝統の一戦」と呼ばれる黄金カード

阪神は巨人のライバルといわれている

 
ベースボールマガジン 2020年 08 月号 特集:阪神タイガース幻の黄金時代

阪神タイガースは、プロ野球では、巨人に次ぐ歴史があり、多くの優勝争いをし、1リーグ時代の1937年と1938年、2リーグ制後の1985年は日本一強いチームでした

1937年、1938年、1985年以外も多くの優勝争いやリーグ優勝をした強豪チームです