将棋、藤井聡太七段が最年少タイトル獲得、新棋聖・17歳11ヶ月

歴史的快挙だ!

将棋の藤井聡太七段が17歳11ヶ月の史上最年少でタイトル獲得!

新棋聖に!

16日に、将棋の第91期ヒューリック杯棋聖戦五番勝負第4局で挑戦者の藤井聡太七段がタイトル保持者だった渡辺明棋聖(棋王と王将も保持、あわせて3冠)に勝ち、対戦成績を3勝1敗とし、17歳11ヶ月の史上最年少でタイトル獲得

17歳11ヶ月でのタイトル獲得は、屋敷伸之九段が持つ最年少タイトル獲得記録・18歳6ヶ月(1990年に獲得)を30年ぶりに更新

藤井新棋聖は、現役最強ともいわれる渡辺前棋聖(棋聖は失冠して棋王と王将の2冠)に、棋聖戦を3勝1敗で初戴冠

藤井新棋聖は、この棋聖戦で第1局と第2局を連勝し、タイトル獲得に王手

第3局は、渡辺前棋聖が「意地」を見せ、勝ったが、今回の第4局に藤井新棋聖が勝利し、タイトル獲得

Ai(人工知能)をも超える「妙手」の激戦を制した

藤井新棋聖に1勝3敗でタイトルの棋聖を失冠した渡辺前棋聖も『すごい人が出てきた」と藤井新棋聖の快挙を称えた

藤井新棋聖は、第61期王位戦七番勝負でも木村一基王位に挑戦中(第2局までで、藤井新棋聖の2連勝)

この王位戦の「勝負の行方」も注目

藤井新棋聖は、14歳2ヶ月の史上最年少でプロ入り(四段昇段)

プロデビューから29連勝の連勝記録を作り、いくつかの最年少昇段記録を作ってきて、今回の最年少タイトル獲得も達成した

今後も藤井新棋聖には注目だし、期待だ

 
藤井聡太 強さの本質


藤井聡太 天才はいかに生まれたか (NHK出版新書)

将棋、王位戦第2局に藤井聡太七段が大逆転で勝ち2連勝

13、14日に将棋の藤井聡太七段が木村一基王位に挑戦する第61期王位戦七番勝負第2局が行われました

この王位戦は、最年長タイトル獲得者・木村王位と最年少タイトル獲得を目指す藤井七段の対決でも注目されています

藤井七段は、第91期棋聖戦でも渡辺明棋聖に挑戦中
(第3局まで終了し、藤井七段が2勝1敗とタイトル獲得へ王手、第4局は16日予定)

王位戦第2局は、藤井七段が勝ち2連勝

途中までは、藤井七段が劣勢でしたが大逆転勝利

王位戦第3局は、来月4日と5日の2日間を予定

 
藤井聡太 強さの本質


藤井聡太 天才はいかに生まれたか (NHK出版新書)

将棋、棋聖戦第3局で渡辺棋聖が勝ち1勝2敗、藤井七段の最年少タイトル獲得は持ち越し

9日に将棋の「第91期ヒューリック杯棋聖戦五番勝負」第3局が行われ、タイトル保持者の渡辺明棋聖(棋王・王将、3冠)が藤井聡太七段に勝ち、対戦成績を渡辺棋聖の1勝2敗としました

第2局まで2連勝で最年少タイトル獲得に王手だった藤井七段の最年少タイトル獲得は持ち越しに

渡辺棋聖が「意地」を見せましたね

次の棋聖戦第4局は、16日に大阪市福島区の関西将棋会館で行われる予定

 
藤井聡太 強さの本質

将棋、第91期棋戦戦第3局に注目

きょう9日に、将棋の「第91期ヒューリック杯棋聖戦五番勝負」第3局が行われる予定

ここまで挑戦者の藤井聡太七段の2連勝で、最年少タイトル獲得を目指す藤井七段は、タイトル獲得に王手です

タイトル保持者の渡辺明棋聖(棋王・王将、3冠)の「意地」にも注目されます

歴代の棋聖戦で特に印象に残るのは、当時の最年少タイトル獲得で第12期棋聖戦で20歳の中原誠六段(当時)が達成しています

中原氏の初タイトルで、その後当時の最年少での24歳での名人にもなっています

きょうの棋聖戦は、藤井七段の「快挙」か、渡辺棋聖の「意地」か注目されます

 
中原誠名局集

将棋、藤井聡太七段が王位戦にも先勝!

2日に、藤井聡太七段が王位戦七番勝負第1局で、木村一基王位に勝ち、先勝し、史上最年少タイトル獲得や挑戦中の棋聖戦五番勝負(第2局まで藤井七段の2勝とタイトル獲得に王手)と合わせ二冠達成へ一歩前進

王位戦は、各1局が2日間で行われる七番勝負、今回は、46歳3ヶ月の史上最年長初タイトル獲得の木村王位に史上最年少タイトル獲得を目指す藤井七段が挑戦するので注目された

藤井七段は、千駄ヶ谷の受け師の異名を持つ木村王位に先勝しましたね

王位戦の第2局は13、14日に北海道札幌市「ホテルエミシア札幌」で行われる予定


藤井聡太 強さの本質

将棋、藤井聡太七段が最年少タイトル獲得に王手

28日に将棋の第91期ヒューリック杯棋聖戦五番勝負第2局が行われ、挑戦者の藤井聡太七段がタイトル保持者の渡辺明棋聖(棋王・王将、3冠)に勝ち、2連勝とし、史上最年少タイトル獲得に王手をかけた

この日は和服姿の初披露でもありました

棋聖戦第3局は7月9日予定

 
藤井聡太 強さの本質

囲碁、芝野虎丸新十段が史上最年少&最速の3冠

26日に、挑戦者の芝野虎丸二冠が囲碁の第58期十段戦五番勝負第4局に勝ち、3勝1敗で村川大介十段からタイトル奪取

これで芝野三冠になった

芝野三冠は名人、王座に続く十段獲得で20歳7ヶ月、プロ入り(初段)から5年9ヶ月での史上最年少&最速の(囲碁)3冠

従来の記録は、井山裕太三冠の23歳1ヶ月&10年3ヶ月

芝野三冠は、井山三冠の保持する本因坊に挑戦中

この第75期本因坊七番勝負は、第3局まで3連敗だが、4冠を目指している

将棋では、最年少タイトル獲得に挑戦中の藤井聡太七段が話題だが、囲碁も芝野三冠の史上最年少&最速の3冠で「藤井七段に(話題で)負けられない」

 
囲碁・歴代最年少名人 芝野虎丸の軌跡 (囲碁人ブックス)

 

将棋、藤井聡太七段が王位戦でも挑戦権

23日に、将棋の藤井聡太七段が王位戦挑戦者決定戦でも永瀬拓矢二冠に勝ち、木村一基王位への挑戦権を獲得

渡辺明三冠に挑戦中の棋聖戦に続き、今度は「ダブルタイトル」を戦うことになる

木村王位は、力強い受けに特徴があり、46歳3ヶ月の史上最年長で王位のタイトルを獲得した苦労人

最年少タイトル獲得を目指す藤井七段が最年長タイトル獲得の木村王位に挑む

王位戦七番勝負第1局は7月1、2日に愛知県豊橋市で行われる

 
藤井聡太 強さの本質

将棋、第91期棋聖戦で藤井聡太七段の最年少タイトル獲得への挑戦に注目

将棋の「第91期ヒューリック杯棋聖戦」の五番勝負がきのう8日から始まりました

第1局は、藤井七段が先勝

17歳10ヶ月20日の史上最年少タイトル挑戦の高校生プロ棋士の藤井聡太七段は、もし今回の五番勝負に勝ち、タイトルを獲得できれば、今度は史上最年少タイトル獲得者となります

しかし、藤井七段が挑む渡辺明棋聖(王座・王将)は、永世竜王資格者など25期のタイトル獲得者(歴代5位)であり、現在は棋聖・王座・王将の三冠のある意味「現役最強棋士」といえます

藤井七段と渡辺明棋聖は、過去の対戦では、朝日杯将棋オープン戦で藤井七段が勝利し、藤井七段の1勝0敗の対戦成績です

しかし、対戦はこの1回で、朝日杯将棋オープン戦が一般棋戦であり、今回はタイトル戦(棋聖戦)で、あまり過去の対戦は参考にならないかもしれません

間違いなく、将棋史に残る戦いに注目です

 
藤井聡太 強さの本質

将棋、藤井七段が最年少タイトル挑戦

4日に、将棋の「第91回ヒューリック杯棋聖戦」の決勝トーナメント挑戦者決定戦(決勝)で高校生棋士の藤井聡太七段が永瀬拓矢二冠(叡王・王座)に勝ち31年ぶりに17歳10ヶ月20日で最年少タイトル挑戦へ

藤井七段は、渡辺明棋聖(棋王・王将)に挑戦する

藤井七段は、平成28年10月に14歳2ヶ月の最年少プロ棋士(四段)に、さらにプロデビューから29連勝の歴代最多の公式戦連勝記録、一般棋戦に優勝するなど順調に昇段

今回のタイトル挑戦へ

藤井七段の最年少タイトル挑戦は注目です

 
藤井聡太 強さの本質