緊急事態宣言「追加も」、広島市 準じた措置

14日に、西村康稔経済再生担当相は、参院内閣委員会で、新型コロンザウイルス感染拡大の伴い、11都府県に発令した緊急事態宣言を感染状況次第で追加もあり得ると述べた

全国一律の緊急事態宣言については改めて否定の考えを示した

西村氏は、同日の記者会見で、感染拡大が続く広島市について、緊急事態宣言に準ずる地域とすることも発表

広島市以外の広島県は今回の対象にならない

(この記事は、産経新聞の記事から作成しました)

全国的な感染の広がりで、緊急事態宣言の追加も言及しましたね

 
理論疫学者・西浦博の挑戦 新型コロナからいのちを守れ!

「8割削減」発言などで注目された西浦博氏の新型コロナウイルスへの挑戦

国内重症者過去最多、感染拡大続く・・・

14日の国内新規感染者数が6605人

14日の国内重症者が920人で過去最多を更新

14日の国内死亡者が64人

(ちなみに、国内新規感染者は1月8日の7882人が過去最多、国内重症者が1月13日の900人が過去最多だった、国内死者は1月13日の97人が過去最多)

東京都の新規感染者は1502人を確認

1週間前の今月7日は過去最多の2447人で、木曜日としてはそれに次いで2番目に多くなりました

重症者は昨日13日から6人減って135人

都道府県別では・・・

東京都1502人、大阪府592人、神奈川県985人、千葉県488人、埼玉県455人など

千葉県488人、宮城県87人、和歌山県21人(タイ)など過去最多

(この記事は、ネットニュースのNHKの記事を参考にしました)


最新知見で新型コロナとたたかう (岩波ブックレット)

新型コロナウイルスの感染を経験してわかってきた対策

緊急事態宣言 11都府県に拡大へ

13日に、政府は、大阪・京都・兵庫の3府県のほかに、愛知と岐阜、それに福岡・栃木の合わせて7府県が緊急事態宣言へ

宣言の対象地域は、これで先の首都圏の1都3県を含め11都府県に拡大

新たに追加された7府県の宣言の期限は、先の1都3県と同じく来月7日までへ

(この記事は、ネットニュースのNHKの記事を参考にしました)

 
緊急事態宣言対応 最善最強の防災ガイドブック (コスミックムック)

緊急事態宣言対応の防災ガイドブック
緊急時に役立つ情報、準備、取るべき行動などを解説

大阪・京都・兵庫 緊急事態へ、愛知・岐阜は要請受け判断

政府が新型コロナウイルス感染拡大に伴い、大阪・京都・兵庫を緊急事態宣言の対象に加えることを検討していることがわかった

さらに、愛知・岐阜なども要請を受ければ「判断」するという

(この記事は、産経新聞の記事を参考にしました)

感染拡大が続き、政府の対策も追いついていない印象・・・

 
絶対にかかりたくない人のためのウイルス入門 最新研究×イラスト図解で超わかりやすいウイルスのすべて

新型コロナウイルスは、後遺症なども多く報告され後遺症も「大変」なようで、感染対策の徹底が重要です
ウイルスを知り、「備え」を万全に

緊急事態宣言を2府1県が要請、全国知事会「首都圏以外でも」

9日に、大阪・京都・兵庫の2府1県の知事は、年明け以降の新型コロンザウイルス感染急増を受けて西村康稔経済再生担当相とのオンライン会議に臨み、緊急事態宣言の発令を検討するように要請した

宣言が再び出れば、宣言の出た1都3県の首都圏同様に、飲食店中心の営業時間短縮などが想定される

一方で、全国知事会は、首都圏以外の地域でも感染が拡大した場合は宣言を迅速に出すよう要望した

さらに時短要請などに実効性を持たせるため、罰則規定を盛り込んだ特措法の改正を急ぐことも求めた

(この記事は、産経新聞の記事を参考にしました)

 
『100億マニュアル』緊急事態宣言発令中! コロナ時代、全産業《通販化》に舵を切れ!

緊急事態宣言中にどうするかを考える実践マニュアル

緊急事態宣言、1都3県に続き、大阪・京都・兵庫も再発令要請へ

8日の国内新規感染者が7882人、国内重症者が826人とともに過去最多を更新

感染拡大の中心になっている東京都でも都内新規感染者が2392人と前日7日の過去最多に続く2000人超の過去2番目の多さ

都内重症者が過去最多の129人など感染拡大傾向が続いています

東京・神奈川・千葉・埼玉の1都3県に続き、大阪・京都・兵庫の2府1県も緊急事態宣言の再発令要請へ

愛知なども要請を検討中

(この記事は、ネットニュースのNHK、サンケイスポーツの記事を参考にしました)

 
新型コロナ 7つの謎 最新免疫学からわかった病原体の正体 (ブルーバックス)

国内新規感染者7000人超、都内新規感染者が2000人超などで過去最多

7日の国内新規感染者数が7570人で過去最多

国内重症者が796人で過去最多

東京都の新規感染者が2447人

前日6日の過去最多だった1591人を大幅に上回り、2日連続で過去最多を更新

初の4桁だった昨年12月31日からわずか1週間で2000人を超えた

都内重症者も121人で、過去最多だった昨日の113人を上回り、こちらも2日連続で過去最多を更新

東京都2447人、大阪府607人、神奈川県670人、埼玉県460人、千葉県450人、愛知県431人、福岡県388人、兵庫県284人、宮崎県105人、京都府143人、茨城県90人、群馬県83人、長野県79人などで過去最多

東京都も含め、東京都周辺の感染拡大が顕著ですね

7日夕、東京・神奈川・千葉・埼玉の1都3県で2月7日まで緊急事態宣言へ

緊急事態宣言の1都3県では、新規感染者が過去最多を更新

(この記事は、ネットニュースのNHKの記事を参考にしました)

 
新型コロナ 7つの謎 最新免疫学からわかった病原体の正体 (ブルーバックス)


絶対にかかりたくない人のためのウイルス入門 最新研究×イラスト図解で超わかりやすいウイルスのすべて

国内新規感染者6000人超、感染拡大続く

6日の国内新規感染者数が6001人で過去最多

6000人を超えました

国内重症者が784人で過去最多

東京都の新規感染者が1591人で過去最多

都内重症者も113人で過去最多

東京都1591人、大阪府560人、埼玉県394人、愛知県364人、千葉311人、兵庫県248人、栃木県132人などで過去最多

感染拡大が止まりません

(この記事は、ネットニュースのNHKの記事を参考にしました)

6日に、新型コロンザウイルス感染拡大に対する緊急事態宣言の原案が判明

午後8時までの営業時間短縮の対象を飲食店のほか一部の運動施設・遊戯場・遊興施設や1000平方メートルを超える百貨店などを加える

小中学校などに休校は求めず、感染リスクの高い部活動は制限する

政府は7日に宣言発令を決定

東京・神奈川・千葉・埼玉の1都3県で2月7日までの1ヶ月

ただ、1ヶ月では解除は困難などの指摘も

(この記事は、産経新聞の記事を参考にしました)

 
新型コロナ 7つの謎 最新免疫学からわかった病原体の正体 (ブルーバックス)


絶対にかかりたくない人のためのウイルス入門 最新研究×イラスト図解で超わかりやすいウイルスのすべて

緊急事態宣言発令でも「小中などに休校要請せず」「大学共通テストも実施」

5日に、萩生田光一文部科学省は、臨時記者会見を開き、新型コロナウイルスの感染拡大による緊急事態宣言が1都3県(東京・神奈川・千葉・埼玉)に発令されても、小中高や大学の一斉休校は要請せず、大学共通テストも予定通り実施すると正式表明した

各大学や小中高の入試なども行うように促す

混乱回避へ教育制度をバックアップする

(この記事は、産経新聞の記事を参考にしました)

 
新型コロナウイルス 命を守るために (講談社 MOOK)

教育制度を「維持」するために、感染対策をすることが重要なことはいうまでもありません

イングランド全域「都市封鎖」

4日に、英国のジョンソン首相は、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、人工の大多数を占めるイングランド地方全域で厳しい外出制限などを課す「ロックダウン(都市封鎖)」を実施すると発表

イングランド全域のロックダウンは、昨年3月と11月に続いて3度目で、少なくとも2月中旬まで続ける方針だという

外出は生活必需品の購入、運動、ワクチン接種、自宅では不可能な仕事など必要最低限に限られ、違反者は罰金の対象となる

外出は大幅に制限され、施設の封鎖されるところも・・・

学校などもオンラインに切り替える

英国では強い感染力があるとされる新型コロナウイルスの変異種が猛威を振るっている

医療が逼迫いている(ジョンソン首相)とされ、政府の医療顧問は同日、感染の警戒レベルを5段階の「4」から医療崩壊を示す「5」へ引き上げることを勧告した

(この記事は、産経新聞の記事を参考にしました)

 
都市封鎖 NYロックダウンと生活の変化

都市封鎖(ロックダウン)により、ニューヨークでの生活の変化を見る
日本ではまだ実施されていないロックダウンを考える