プロ野球、巨人が坂本内野手の活躍で貯金30、M12

巨人が1990年の藤田監督・原氏(現巨人監督)4番打者以来30年ぶりの94試合以内貯金30到達!
(1990年は最終的に貯金46)

圧倒的強さの快進撃で優勝へのマジック(M))12とした

10日のプロ野球・中日―巨人戦は、7-1で巨人が勝利

巨人は2連勝で、貯金30、M12とした

巨人の坂本勇人内野手は3打数1安打2打点で、2打点は五回に巨人が二死走者なしから5連打で4得点した際の5連打目のタイムリー

「3番・遊撃」で3試合ぶりの先発出場だったが、五回に中前へタイムリー2打点

残り26試合で通算2000安打まであと「25」安打

遊撃手で2016年に首位打者を獲得、2019年のセ・リーグMVP、ベストナイン5回、ゴールデングラブ賞3回などのプロ野球を代表する選手の一人

ちなみに、遊撃手の首位打者はプロ野球史上3人目、セ・リーグでは初

2019年にMVPを獲得した時は、プロ野球史上2ん目の遊撃手で40本塁打以上、巨人の生え抜き右打者では最多の40本塁打も記録している


坂本勇人(読売ジャイアンツ) 2021年カレンダー 壁掛け B2 CL-564

坂本勇人内野手の来年・2021年の壁掛けのカレンダー

パ・リーグの首位攻防戦・ソフトバンク対ロッテ戦は5-1でソフトバンクの勝利

ソフトバンクの先発・東浜巨(ひがしはま・なお)投手は、8回3被安打1失点・8奪三振2四球に抑えた

今季7勝1敗に、これで5連勝

今季のロッテ戦は4試合登板で2勝0敗で、チームの5勝(11敗1分)のうち3勝(1敗)が登板日
(勝敗のない2試合も先発で、勝敗投手が東浜投手以外)

今季のロッテ戦でも活躍、東浜投手の勝利でソフトバンクは首位を死守

 
東浜巨―野球日誌が語る22年

 東浜巨投手のアマ時代の軌跡

春の甲子園優勝や亜大での活躍など

大リーグ、ダルビッシュ投手が3敗目

20日に、大リーグ・カブスのダルビッシュ有投手は。ツインズ戦に先発し、6回0/3を投げ、1被本塁打を含む9被安打4失点・9奪三振1与四球で3敗目(7勝)を喫した

サイ・ヤング賞(最優秀投手賞)などを目指すダルビッシュ投手にとっては「痛すぎる」3敗目、2ラン被弾でしたね

防御率も1点台から2.22へ

これで、7勝はリーグ1位タイ、88奪三振は2位タイ、防御率2.22は7位に

次回の登板予定が、今季最後とみられる

今回の敗戦は残念だが、前向きさは失っておらず、次回に期待

試合は0-4だった

田中投手が所属するヤンキースとパドレスがプレーオフ進出を決めた

21日に、大相撲秋場所9日目が行われた

正代が関脇対決を制し、1敗を守った

その他に、貴景勝、照ノ富士、若隆景、阿武咲、翔猿が1敗を守り6人がトップ

 
データ全分析 ダルビッシュ最強投手論

テニス、ドミニク・ティーム選手が全米オープン男子シングルス初優勝

13日に、テニスの四大大会・全米オープンの男子シングルス決勝が行われました

世界ランキング3位(第2シード)のドミニク・ティーム選手(オーストラリア)が全米オープン、四大大会初優勝

ティーム選手は、決勝でアレクサンダー・ズべレフ選手( ドイツ)と対戦

第1セット2-6、第2セット4-6で落としましたが、第3セット6-4、第4セット6-3と奪い返します

そして最終の第5セットを7-6で競り勝ち全米オープン初優勝、四大大会初優勝

セットカウント3-2の大逆転勝利!

今年の全米オープンは、世界ランキング1位(第1シード)のノバク・ジョコビッ選手(セルビア)が大会途中に失格

さらに、世界ランキング2位もラファエル・ナダル選手(スペイン)やロジャー・フェデラー選手(スイス)などのトップ選手が新型コロナウイルスの影響や、けがなどにより出場しませんでした