「絶対笑ってはいけないラスベガス」を視聴

2020年の大晦日も日テレ系の「ガキの使い大晦日絶対笑ってはいけない大貧民GoToラスベガス」を視聴して年越し(2020年12月31日18時30分~2021年1月1日0時30分)をしました

ダウンタウンの二人も50歳を過ぎていますが、この番組では体を張ってますね

今年は新型コロナウイルスの影響で、自粛とか感染対策もあった「重苦しい年」でしたが、笑って過ごせました

2021年はいい年だといいですね

 
ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!! (祝)大晦日放送10回記念Blu-ray 初回限定永久保存版(22) (罰)絶対に笑ってはいけない名探偵24時

ガキ使い 絶対笑ってはいけない名探偵24時のBlu-ray

作詞家・作家のなかにし礼さんが死去

23日に、「北酒場」「石狩挽歌」などで知られる作詞家・作家ののなかにし礼(なかにし・れい、本名・中西禮三=なかにし・れいぞう)さんが82歳で死去

「北酒場」などで3度のレコード大賞

なかにしさんは、直木賞でもあった

20日に「北坂場」の作曲、そして「喝采」の作曲などでも知られる中村泰士さんの訃報に続き、なかにしさんも死去

北島三郎さんの「まつり」も印象深いですね

(この記事は、サンケイスポーツの記事を参考にしました)

 
作詩の技法

作詞の技法について解説


長崎ぶらぶら節 (新潮文庫)

なかにし礼さんの直木賞受賞作品

「M-1グリンプリ2020」はマジカルラブリーが優勝

20日に、漫才日本一を決める「M-1グランプリ2020」が行われました

マジカルラブリーが優勝し、第16代目王者に

過去最多の5081組がエントリー

決勝のファイナリストに、アキナ、マジカルラブリー、見取り図、錦鯉、ニューヨーク、おいでやすこが、オズワルド、東京ホテイソン、ウエストランド、敗者復活を勝ち上がったインディアンズの10組が出場

1本目のネタで上位3組が最終決戦に勝ち上がる

上位3組のおいでやすこが、マジカルラブリー、見取り図が2本目のネタを最終決戦でやり、最終決戦では、マジカルラブリーが3票、おいでやすこが、見取り図が2票の審査員票を獲得し、マジカルラブリーが頂点に立った

この模様は、テレビ朝日系で生放送された

上位3組は、ともに面白く、ハイレベルの最終決戦だったが、マジカルラブリーがこの「激戦」を制した

(この記事は、番組の視聴とネットニュースのオリコンニュースの記事を参考にしました)

 
M-1グランプリ2019~史上最高681点の衝撃~ [DVD]

M-1グランプリ2019でミルクボーイが史上最高得点を獲得
この年はミルクボーイが優勝

小松政夫さん死去

7日に、「電線音頭」「しらけ鳥音頭」「小松の親分さん」のネタで知られる人気コメディアンで俳優の小松政夫(こまつ・まさお、本名・松崎雅臣=まつさき・まさおみ)さんが78歳で死去していたことが11日にわかった

地元放送局の劇団で俳優を目指し、その後上京、植木等さんの付き人兼運転手に

1968年に、バラエティのレギュラーとなり、その後「電線音頭」「しらけ鳥音頭」などで人気に

俳優としても活躍した

映画評論家の淀川長治さんのものまねでも知られましたね

「電線音頭」「しらけ鳥音頭」は、流行りました

(この記事は、サンケイスポーツの記事を参考にしました)

 
ひょうげもん

コメディアン・小松政夫の一代記

ジョン・レノン没後40年

英のロック・バンドの元ビートルズのジョン・レノンが米ニューヨークで1980年12月8日に凶弾に倒れてから、40年が経とうとしています

存命なら80歳になっていたはず

今年はビートルズの解散から50年でもあり、いろいろなイベントでジョン・レノンの足跡をたどれます

ソニーミュージック六本木ミュージアムでは、今、「ダブル・ファンタジー ジョン・アンド・ヨーコ」展(来年1月11日まで)が開かれています

4日から全国で映画「IMAGIN<イマジン>」も公開される

この作品は、レノンの名作アルバムの世界を映像化した

この作品では夫婦の素顔などがとらえられている

10月には、ビートルズ解散後の代表曲36曲を集めた2枚組CD『ギミ・サム・トゥルース』も発売されている

現在の若者などにも、ジョンやヨーコの生き方などが受け入れられ、共感されるのは、現在にも通じるものがあるからかもしれません

私はビートルズやジョンは大好きですが、ヨーコはあまり肯定はしませんが・・・

(この記事は、産経新聞を一部参考にしました)

 
ギミ・サム・トゥルース.(完全生産限定盤)(2SHM-CD+Blu-ray)

ビートルズ解散後の代表曲を集めた

水島新司さんが漫画家引退を発表

1日に、「ドカベン」や「あぶさん」などの野球マンガで知られる漫画家の水島新司さん(81)が漫画家を引退することを発表

水島さんは上記の通り81歳

昭和33年(1958年)に18歳で漫画家デビュー

以来63年間描き続けてきた

所属事務所によると、水島さんは、平成30年に「あぶさん」の読み切りを漫画誌に掲載後、新作を発表していなかった

野球マンガの第一人者として活躍した

水島さんの作品では何といっても「ドカベン」ですね

他に、私が強く印象に残ったのは「男どアホウ甲子園」ですかね

 
ドカベン 文庫版 全31巻 完結セット(秋田文庫) [コミックセット]

水島さんの代表作「ドカベン」の文庫全31巻完結セット

第71回NHK紅白歌合戦の出場歌手

16日に、NHKは、大晦日に放送される第71回MHK紅白歌合戦の出場歌手を発表しました

(紅組)
あいみょん(2)
石川さゆり(43)
坂本冬美(32)
櫻坂46(初)
JUJU(初)
SuperFly(5)
天童よしみ(25)
東京事変(初)
NizJu(初)
乃木坂46(6)
Parfume(13)
日向坂46(2)
Foorin(2)
BABYMETAL(初)
松田聖子(24)
MISIA(5)
水森かおり(18)
milet(初)
LISA(2)
LittleGreenMonster(4)

(白組)
嵐(12)
五木ひろし(50)
瑛人(初)
Official髭男dism(2)
関ジャニ∞(9)
Kis-My-Ft2(2)
King&Prince(3)
郷ひろみ(33)
GENERATIONS(2)
純烈(3)
鈴木雅之(3)
SixTONES(初)
SnowMan(初)
氷川きよし(21)
福山雅治(13)
Hey!Say!JUMP(4)
星野源(6)
Mr.Children(2)
三山ひろし(&)
山内恵介(6)
ゆず(11)

(企画)
GreeeeN(初)

(注)
敬称略
( )内数字は出場回数

 
紅白歌合戦 ウラ話

俳優・ショーン・コネリーさんが死去

映画「007」シリーズの初代ジェームズ・ボンド役などを務めたイギリスの俳優・ショーン・コネリーさんが10月31日に90歳で亡くなった

コネリーさんは、1930年にイギリス・スコットランドで生まれる

さまざまな職に就き、イギリス海軍を経て映画界入り

映画「007」の初代ジェームズ・ボンド役でブレイク

コネリーさんの出演映画では、私は「007」シリーズでは「ロシアより愛をこめて」、他には「インディ・ジョーズ/最後の聖戦」、「アンタッチャブル」、「レッド・オクトーバーを追え!」などが印象深いですね

故郷・スコットランドへの愛国心が強く、2000年にイギリス王室からナイトの称号を贈られた際は、授与式にスコットランドの民族衣装キルトで出席し、話題を呼んだ

ナイトについての本ブログ本関連記事「爵位とその序列~日本とイギリス」も参照

熱心なスコットランド独立支持者だった


ロシアより愛をこめて (デジタルリマスター・バージョン) [DVD]


インディ・ジョーンズ 最後の聖戦 [DVD]

太田裕美の「木綿のハンカチーフ」

私は、筒美京平さんの曲を生活の中で「自然」に「空気」のように当たり前に聴いていたんだと感じました

その中でも太田裕美さんの「木綿のハンカチーフ」は、好きで、聴いた時から「名曲」だと「特別」に感じました

私にとっては「特別」な曲で、「空気」のように当たり前に聴くのではなく、「意識」して聴いていましたね
(もちろんいい意味で)

曲が素晴らしいのは、いうまでもありませんが、歌詞や太田さんの声も好きでしたね

少し舌足らずな声が可愛らしく、ルックスも好きでしたね

歌詞で歌われる「僕」もよかったですね

明るいポップな曲だけど「せつなさ」なども感じる曲です

曲は大ヒットしたものの、直後に史上最大のヒット曲「およげ!たいやきくん」が発売されたため、(週間)オリコン1位をとることはなかった


GOLDEN☆BEST 太田裕美

エディ・ヴァン・ヘイレンさん死去

6日に、米人気ロックバンド「ヴァン・ヘイレン」のギタリストのエディ・ヴァン・ヘイレンさんが6日に65歳で亡くなったことを米メディアが伝えた

エディさんは、1955年オランダ生まれ

1960年代に家族と米国へ

その後、ヴァン・ヘイレンを結成し、「ジャンプ」「悪魔のハイウェイ」などで人気に

マイケル・ジャクソンさんのヒット曲「今夜はビート・イット」にも参加

ギターの弦を右手で抑えて演奏する「ライトハンド奏法」でも知られた

多くのミュージシャンに影響を与えた

1992年にグラミー賞ハード・ロック部門で最優秀賞を受賞

2007年にロゥクの殿堂入り

エディさんは、世界に知られるギタリストの一人で、バンド(ヴァン・ヘイレン)では「ジャンプ」が印象にありますね

 
1984

「ジャンプ」収録のヒットアルバム


スリラー

「今夜はビート・イット」収録の大ヒットアルバム