競馬、フィエールマンの潜在能力に期待

フィエールマンは、2015年生まれの競走馬でした

つまり、牝馬3冠で、日本競馬史上最多の芝G1・9勝のアーモンドアイと同世代です

牡馬(フィエールマン)と牝馬(アーモンドアイ)の違いがあるので、フィエールマンは3冠の一つ菊花賞を獲得しています
(もっともアーモンドアイの父が名短距離馬ロードカナロアなので、もしアーモンドアイが菊花賞に挑戦しても、3000メートルの菊花賞に勝てたかは疑問ですが)

フィエールマンは、G1勝ちは、他に天皇賞・春連覇があります

フィエールマンは、ディープインパクト産駒ですが、ディープインパクト産駒では希少な3000メートル以上に距離適性もあります
(菊花賞=3000メートル、天皇賞・春=3200メートル)

しかも菊花賞を最少キャリアの4戦、天皇賞・春を最少キャリアの6戦で制しており、潜在能力やポテンシャルの高さも感じます

フィエールマンは、中距離G1でも、天皇賞・秋(2000メートル)で2着と好走し、中距離適正も感じます

中長距離G1の2500メートルの有馬記念も3着と好走しており、中長距離適正も感じます

私は、フィエールマンの潜在能力やポテンシャルの高さを期待して、凱旋門賞も期待したのですが、12着でした
(12頭立ての12着、つまり最下位着順)

凱旋門賞は、残念でした

しかし、フィエールマンは、生涯キャリア12戦、レースキャリア最少の4戦で菊花賞を制し、同じくレースキャリア最少の6戦で天皇書・春を制した潜在能力やポテンシャルの高さ、3000メートル以上の長距離はもちろん中距離や中長距離もこなす距離の守備範囲の広さなどは、種牡馬として期待できます

 
追悼ディープインパクト (Gallop21世紀の名馬シリーズ)

ディープインパクトは、日本競馬史上2頭目の無敗の3冠馬でG1・7勝を挙げています
14戦12勝のほぼ完璧な戦績やその強さで日本競馬史上最強馬とも
現役引退後は、種牡馬として多くの大物を出し、日本の生産界に君臨している大種牡馬
君臨の最中の2019年7月30日に急死したのは惜しまれます

大リーグ、ハンク・アーロン氏死去

22日に米大リーグ歴代2位の通算755本塁打を放ったハンク・アーロン氏が86歳で死去した

現役時代に所属したブレーブスが発表した

アーロン氏は、1977年に日本プロ野球の王貞治氏が756本塁打(王氏はこの後、868本塁打まで記録を伸ばす)を放つまで当時の「本塁打世界記録」だった

アーロン氏は、アフリカ系米国人で、人種差別と闘いながら1974年に「野球の神様」ベーブ・ルース氏の不滅とされた714本塁打の当時の通算本塁打の「世界記録」と大リーグ記録(現在は大リーグ歴代2位)を超えた

アーロン氏は、王貞治氏とも親交があり、王氏は「選手のかがみだった」と故人をたたえている

王氏は、「尊敬する野球選手は?」の問いに、必ず川上哲治氏、長嶋茂雄氏とともに、ハンク・アーロン氏の名前を挙げていた

大リーグ通算本塁打記録を持つバリー・ボンズ氏も「彼は象徴であり、伝説」とたたえている

大リーグ通算23年で、3298試合、12364打数3771安打、755本塁打、2297打点、打率3割0分5厘

通算2297打点、6856塁打は、大リーグ記録

MVP1回(1957年)
首位打者2回(1956年、1959年)、本塁打王4回(1957年、1963年、1966年、1967年)、打点王4回(1957年、1960年、1963年、1966年)

(この記事はサンケイスポーツの記事を参考にしました)

 
ハンク・アーロンのホームラン・バイブル

大リーグ歴会2位の通算755本塁打を放ったハンク・アーロン氏は、大リーグ記録の2297打点も記録
そのハンク・アーロン氏のバッティング・バイブル
ハンク・アーロン氏は、打撃成績などに限らず、人間的にも素晴らしく、通算868本塁打の王貞治氏も尊敬する野球選手の一人に挙げています


ハンク・アーロン自伝―ルースを破った静かなる男の闘い (SUPER STAR STORY)

人種差別と闘いながら「野球の神様」ベーブ・ルース氏の通算714本塁打を破った静かなる紳士・ハンク・アーロン氏の自伝

大相撲、初場所14日目、大栄翔が単独トップで千秋楽へ

23日に、大相撲初場所14日目が行われました

優勝の可能性は、13日目まで2敗の大関・正代と平幕・大栄翔のみです

大栄翔は、この日も勝ち、2敗を守りましたが、正代は、関脇・照ノ富士にはたき込みに敗れ3敗に後退

照ノ富士は勝って10勝と勝ち星を2桁にしました

大関・朝乃山もこの日勝って10勝目

千秋楽は、2敗でトップの大栄翔が隠岐の海と、3敗で追う正代が朝乃山と対戦

優勝は、大栄翔か正代ですが、1差でトップの大栄翔が圧倒的有利

正代の優勝は、千秋楽で大栄翔が敗れ、正代が勝ち、2人の優勝決定戦で正代が勝った場合のみ

(この記事は大相撲公式サイトの記事を参考にしました)

 
おめでとう! 正代関 初優勝、大関昇進 記念写真集

昨年の秋場所に初優勝し大関昇進した正代の昇進記念写真集
新大関の先場所は休場で今場所はカド番でカド番を脱出し13日目まで11勝2敗で優勝争いのトップに大栄翔と並んでいましたが、14日目に敗れ、大栄翔が勝ったため、千秋楽は1差で追う展開に

競馬、アーモンドアイと同世代・同性でG1・4勝したラッキーライラック

ラッキーライラックは、2015年生まれの牝馬

つまり、3冠牝馬(桜花賞、オークス、秋華賞)で、日本競馬史上最多の芝G1・9勝のアーモンドアイと同世代の同性です

ラッキーライラックは、過酷ともいえるアーモンドアイと同世代に同性で生まれながら、無敗で阪神ジュベナイルフィリーズを制し最優秀2歳牝馬となり、桜花賞まで無敗(4戦4勝)で同レースに臨み1番人気に支持される(レースはアーモンドアイの2着)、アーモンドアイが1番人気に支持されなかったのは、このレースのみです

牝馬3冠は、アーモンドアイが全て勝ったので無冠でしたが、別世代とも女王を争うエリザベス女王杯に4歳時と5歳時に連覇

5歳時に牡馬も参戦するG1の大坂杯を制しました

アーモンドアイと同世代ながらG1・4勝を挙げており、アーモンドアイと別世代なら、もっと多くのG1を勝っていた可能性があります

 
競馬 ラッキーライラック 2020年大阪杯 ぬいぐるみ アイドルホース マスコット JRA

ラッキーライラックが勝った大阪杯でのラッキーライラックのぬいぐるみです


21世紀の名馬VOL.6「オルフェーヴル」 (Gallop21世紀の名馬シリーズ)

ラッキーライラックの父オルフェーヴル
3冠馬で、G1・6勝をし、凱旋門賞で2着2回の世界的名馬です
デビュー戦の騎手振り落とし、阪神大賞典での逸走の距離ロスがありながらの2着など規格外で破天荒な面も
4歳時の凱旋門賞でのソラ(気を抜く)を使っての2着、引退レースの2回目の有馬記念での8馬身差圧勝などのパフォーマンスで日本競馬史上最強馬に推す声も

大相撲、初場所13日目、優勝は正代か大栄翔に

22日に、大相撲初場所13日目が行われました

2敗で優勝争いのトップを走る大関・正代と平幕・大栄翔

この日先に大栄翔が「無難」に勝ち、正代は物言いがついたものの「はたき込み」で勝ち、両者譲らず2敗で14日目へ

13日目が終わった時点で、優勝の可能性は、正代と大栄翔だけに

そして14日目に、正代は関脇・照ノ富士戦、大栄翔は平幕・玉鷲

さらに千秋楽は14日目終了後に発表されるが、正代は大関・朝乃山との大関対決が予想され、大栄翔は負け越しが決まっていない力士の中で、今場所対戦していない力士は隠岐の海(八角)が最上位(同じ追手風部屋で対戦がない遠藤は除く)

千秋楽の大栄翔の相手も注目・・・

果たして、今場所の優勝は正代か!?大栄翔か!?

(この記事は、大相撲公式サイトの記事を参考にしました)

 
おめでとう! 正代関 初優勝、大関昇進 記念写真集

昨年の秋場所に初優勝し大関昇進をした正代の昇進記念写真集
新大関の先場所は休場で、今場所はカド番でしたが、カド番を脱出し、13日目まで11勝2敗で優勝の可能性は正代と同じ11勝2敗の平幕・大栄翔のみに

バイデン氏 大統領就任「米国結束に全霊」

20日(米国現地時間、日本時間21日4未明)に、米大統領選に勝利した民主党のジョー・バイデン氏(78)が首都ワシントンの連邦議事堂で宣誓し、第46代米国大統領に就任した

就任演説で「米国を結束させることに全霊を注ぐ」と述べ、再び世界に関与し、世界的感染の新型コロナウイルス対策に全力で取り組み、国際協調外交へ復帰することを宣言

新政権での前政権からの主な「変化」・・・

アメリカ第一主義 → 多国間による国際協調

WHO(世界保健機関)離脱 → WHO復帰

「パリ協定」離脱 → 「パリ協定」復帰

国際協調路線で、地球温暖化対策の国際的枠組みの「パリ協定」への復帰などをし、バイデン政権は始動する

(この記事は,産経新聞の記事で作成しました)


生声CD付き [対訳] オバマ大統領就任演説


[音声データ付き][対訳]トランプ就任演説

参考までに、前々回のオバマ氏、前回のトランプ氏の米大統領就任演説を示します
バイデン氏の就任演説にも注目

大相撲、初場所12日目、正代と大栄翔が優勝争いのトップ

21日に、大相撲初場所の12日目が行われました

2敗で優勝争いのトップを走る大関・正代と平幕・大栄翔がともにこの日勝ち、2敗を守りました

正代は新大関の先場所の休場で今場所はカド番となりましたが、10日目に勝ち越し、11日目に優勝争いのトップに立ち、12日目も勝って、依然、大栄翔とともに10勝2敗で優勝争いのトップに並んでいます

11日目に勝ち越し、カド番を脱出した大関・朝乃山は、この日関脇・照ノ富士に敗れ8勝4敗

元大関の照ノ富士は、これで8勝4敗と勝ち越しました

(この記事は、大相撲公式サイトの記事を参考にしました)

 
おめでとう! 正代関 初優勝、大関昇進 記念写真集

昨年の秋場所の初優勝で大関昇進をした正代の昇進記念写真集
先場所の休場でカド番となりましたが、12日目まで10勝2敗で優勝争いのトップに(大栄翔とともに)立っています

バイデン米大統領就任へ

昨年11月の米大統領を制した民主党のジョー・バイデン氏(78)が20日正午(日本時間午前2時)、首都ワシントンに連邦議事堂で宣誓し、第46代大統領に就任する

就任初日にはトランプ共和党政権が決めた世界保健機関(WHO)の脱退撤回を表明し、世界最悪となっている新型コロナウイルスの封じコメを最優先に急ぐ

地球温暖化防止対策の「パリ協定」なども復帰へ

「分断」や「対中国」の課題などがある中、バイデン氏が重視する「多国間協調」が機能するか注目だ

一方で、トランプ氏は就任式を欠席

政治活動の継続を示唆している

(この記事は、産経新聞の記事で作成しました)

 
生声CD付き [対訳] オバマ大統領就任演説


[音声データ付き][対訳]トランプ就任演説

参考までに、前々回のオバマ氏、前回のトランプ氏の米大統領就任演説を示します
バイデン氏の就任演説にも注目

大相撲、初場所11日目、正代が辛勝で優勝争いのトップに並ぶ

20日に、大相撲初場所11日目が行われました

この日、大栄翔が逆転負けをし、2敗に

10日目に勝ち越し、カド番を脱出した大関・正代は、背中から落ちた取り直しの一番で、隠岐の海の勇み足により、辛勝

白星を拾い、優勝争いのトップに

カド番だった正代が優勝争いのトップに立ちました

この日は、同じくカド番だった大関・朝乃山が勝って勝ち越し、カド番脱出

(この記事は、大相撲公式サイトの記事を参考にしました)

 
おめでとう! 正代関 初優勝、大関昇進 記念写真集

昨年の秋場所に初優勝し大関昇進をした正代の昇進記念写真集
新大関の先場所は休場で、今場所はカド番でしたが、10日目にカド番を脱出
11日目に取り直しの一番を辛勝し、優勝争いのトップに並びました

第164回芥川賞・直木賞発表

20日に、第164回芥川賞・直木賞が発表されました

純文学の新進作家に贈られる芥川賞は宇佐美りんさん(21)の「推し、燃ゆ」(文芸秋季号)

宇佐美さんは、1999年生まれの21歳8ヶ月の現役大学生で、2004年に同時受賞した綿矢りささん(当時19歳11ヶ月)、金原ひとみさん(同20歳5ヶ月)に次ぐ史上3番目の若さでの受賞

大衆文学の中堅作家に贈られる直木賞は西條奈加さん(56)の「心淋し(うらさびし)川(集英社)

西條さんは、1964年生まれで、主に時代小説を書いてきた

(この記事は、ネットニュースのYahooニュースの記事を参考にしました)

 
心淋し川

第164回直木賞受賞作品
西條奈加さんの「心淋し(うらさびし)川」