競馬、第81回菊花賞の枠順と私の注目馬

25日15時40分発走予定の第81回菊花賞(G1、京都競馬場芝3000メートル)の枠順と私の注目馬について以下に示します

1-1  ディアマンミノル
1-2  ガロアクリーク
2-3  コントレイル
2-4  マンオブスピリット
3-5  サトノインプレッサ
3-6  ヴェルトライゼンデ
4-7  ダノングロワール
4-8  ディープボンド
5-9  アリストテレス
5-10 サトノフラッグ
6-11 バビット
6-12 レクセランス
7-13 ロバートソンキー
7-14 ヴァルコス
7-15 ブラックホール
8-16 ターキッシュパレス
8-17 キメラヴェリテ
8-18 ビターエンダー
(注)
左から枠番、馬番、馬名
主催者発表のものと照合ください

私の注目馬は・・・
ディープインパクト産駒のコントレイルで、前走の神戸新聞杯の余裕の勝利を見ても、日本ダービーまでの圧倒的パフォーマンスを見ても、無敗の3冠馬となる確率がかなり高い、実力は抜けている
2着争いは、日本ダービー3着、神戸新聞杯2着の実力馬・ヴェルトライゼンデ
長距離向きで、しぶといラジオNIKKEI賞とセントライト記念を逃げ切り勝ちしたバビット
ハーツクライ産駒で長距離向きのダノングロワール
2連勝中のしぶといアリストテレスあたりか

 
追悼ディープインパクト (Gallop21世紀の名馬シリーズ)

無敗の3冠馬でG1・7勝で大種牡馬のディープインパクト


21世紀の名馬VOL.4「ハーツクライ」 (週刊Gallop臨時増刊)

日本馬で唯一ディープインパクトに勝ち、海外G1も制して種牡馬でも成功しているハーツクライ

マルゼンスキー生産、橋本聖子五輪相の父・橋本善吉氏死去

19日に、橋本聖子五輪相の父で、8戦8勝で「スーパーカー」「外車」といわれたマルゼンスキーの生産者(マルゼンスキーは、橋本善吉氏がマルゼンスキーを宿したマルゼンスキーの母を米国で購入し、日本で生まれた)で馬主としても知られる橋本善吉氏が96歳で亡くなっていたことがわかった

橋本さんは、1973年に、英3冠馬・ニジンスキーの子(マルゼンスキー)を宿したシル(マルゼンスキーの母)を米国のセリで購入

翌年の1974年に、北海道の橋本氏の橋本牧場で、マルゼンスキーと名付けられた牡馬が誕生

1976年にデビューしたマルゼンスキーは、8戦8勝、着差のつきづらい短距離レースを中心(最長距離で芝1800メートル)に合計着差61馬身の規格外の強さを誇った

だが、当時は海外で受胎した馬はクラシックに出走できなかった

マルゼンスキーは、当然日本ダービーにも出走できず、(マルゼンスキーの)主戦騎手・中野渡清一騎手は「大外枠でもいい。賞金もいらないので出たい」との主旨の発言をした

マルゼンスキーは、現役引退後に、日本ダービー馬・サクラチヨノオー、菊花賞馬・ホリスキーなどを出し、成功した

1997年8月21日に23歳(当時は旧表記で24歳)で死亡

娘の聖子氏は、1992年アルベールビル冬季五輪で銅メダルに輝くなど五輪に夏冬で計7度出場している

橋本善吉氏は偉大な父だった

将棋、第33期竜王戦第2局、羽生九段が逆襲の1勝

24日に、将棋の第33期竜王戦第2局の2日目が行われました

挑戦者の羽生善治九段が96手で、タイトル保持者の豊島雅之竜王(&叡王)に勝ち、対戦成績を1勝1敗に戻しました

羽生九段は、もしこの対局に勝てば(4勝すれば)、前人未踏の通算タイトル100期となります

羽生九段は、これまでに当時の年間将棋全7冠(現在は8冠)独占や当時の全7冠の永世・名誉称号資格者(現在は8冠、叡王は新説のため、永世・名誉称号資格者がまだいない)を達成してきた「レジェンド」

先月下旬に50歳となぅたが、前記の通算タイトル100期に挑んでいる

第3局は、11月7、8日の予定

 
結果を出し続けるために

競馬、無敗の3冠馬・日本近代競馬の結晶・ディープインパクト

日本の競馬史で無敗の3冠馬は2頭しかいません

シンボリルドルフ(1984年)
ディープインパクト(2005年)

そして、日本競馬史上2頭目の無敗の3冠馬がディープインパクトです

同馬に全騎乗した武豊騎手は、同馬を「英雄」と呼び、その乗り心地を「走っているというより飛んでいる感じ」と表現した

ディープインパクトは、後方待機から長く鋭い決め脚でデビューから連勝を重ね、菊花賞を7銭全勝で制し、無敗の3冠馬に

その時のフジテレビの実況のコメントが「世界のホースマンよ見てくれ!これが『近代競馬の結晶』だ!!」だった

その後、その年の有馬記念でハーツクライの先行を1/2馬身差捉えきれずに敗退

これが国内唯一の敗戦

年が明け、4歳で、天皇賞・春と宝塚記念の2つのG1を勝利し、3冠と合わせG1・5勝で「5冠馬」に

秋にフランスに渡り、凱旋門賞に挑戦

3着入線も、レース後に悪意なき禁止薬物使用で失格に

ディープインパクトにとって2度目の敗戦

帰国後、ジャパンカップ、有馬記念を制し、G1・2勝を加え、「7冠馬」となり、現役引退

種牡馬でも大成功し、牝馬3冠、G1・7勝のジェンティルドンナなど出している

日本で革命的成功をした大種牡馬の父・サンデーサイレンスの立派な後継種牡馬に

25日に行われる予定の第81回菊花賞では、ディープインパクト産駒のコントレイルが父ディープインパクトに続く無敗の3冠馬を目指す

ディープインパクトは、牝馬3冠も産駒に出しており、もしコントレイルが3冠馬となれば、父サンデーサイレンスに続く親子二代の牡馬・牝馬の3冠馬を産駒に出す偉業も達成する

コントレイルの3冠なるかにも注目

 
追悼ディープインパクト (Gallop21世紀の名馬シリーズ)


運命に噛みついた馬―サンデーサイレンス物語

競馬、無敗の3冠馬・皇帝・シンボリルドルフ

日本の競馬史で無敗の3冠馬は2頭しかいません

シンボリルドルフ(1984年)
ディープインパクト(2005年)

そして、日本競馬史上初の無敗の3冠馬がシンボリルドルフです

シンボリルドルフは、その完璧な強さと成績、名前の由来になった神聖ローマ帝国の皇帝・ルドルフ1世から「皇帝」とか「7冠馬」と呼ばれました

3歳(当時の表記は4歳)の1度目の有馬記念で、1年先輩の3冠馬・ミスターシービーやジャパンカップ馬・カツラギエースに圧勝したレース、4歳(当時の表記・5歳)の日経賞の手綱を持ったままの楽勝逃げ切り、国内最後のレースとなった4歳の2度目の有馬記念での直線だけでミホシンザンに4馬身の圧勝で「本気」の一端、「世界レベル」の一端を見せたレースなどシンボリルドルフの勝ったレースも印象にあります

しかし、体調不良と中1週のきついローテーションと展開のアヤで3着になった3歳時のジャパンカップと休み明けの引っ掛かり気味のハイペースの当時のレコード決着を先行しながらギャロップダイナの2着に粘った4歳時の天皇賞・秋は、「負けてなお強し」を印象づけました
特に、天皇賞・秋は、その思い(「負けてなお強し」)を強く感じました

シンボリルドルフ最後のレースとなった5歳(当時の表記・6歳)のアメリカでのサンルイレイステークス6着もレース中の故障でした

シンボリルドルフは不本意な形で現役引退をしますが、種牡馬で無敗の2冠馬(皐月賞、日本ダービー)で、ジャパンカップと有馬記念も勝ち、G1・4勝のトウカイテイオーを出しています

皇帝(シンボリルドルフ)から帝王(トウカイテイオー)への「王者継承」です

シンボリルドルフは、ディープインパクトらとともに、日本競馬史上最強馬の1頭といわれます

個人的には、ディープインパクトの強さ、凄さは認めても、日本競馬史上最強馬は、シンボリルドルフですね

 
週刊Gallop臨時増刊「さらば皇帝シンボリルドルフ」


トウカイテイオー 帝王・栄光の蹄跡 [DVD]

競馬、日本競馬の3冠馬と無敗の3冠馬

日本の競馬の一般的な3冠馬とは・・・

イギリスの3冠レース(英2000ギニー、英ダービー、英セントレジャー)を範にしています

英2000ギニー(ニューマーケット競馬場・芝1マイル=約1600メートル)
英ダービー(エプソム競馬場・芝12ハロン10ヤード=約2400メートル)
英セントレジャー(ドンカスター競馬場・芝14ハロン132ヤード=約2900メートル)

で、日本の競馬の3冠レースではjRAの3冠レースが一般的です

皐月賞(中山競馬場・芝2000メートル)
日本ダービー(東京優駿、東京競馬場・芝2400メートル)
菊花賞(京都競馬場・芝3000メートル)

のことです

3冠では、「最も速い馬が皐月賞を勝ち、最も運のいい馬が日本ダービーを勝ち、最も強い馬が菊花賞を勝つ」との競馬の格言があります

傾向としては、スピード馬や早熟馬が皐月賞を勝ち、3歳馬の頂点とされる日本ダービーは、このレースで全精力を使って勝つことのあるせいか、その後は、パッとしないで引退する日本ダービー馬もいます
菊花賞馬は、その後も活躍する傾向があるようです

また、2冠馬では、皐月賞(2000メートル)と日本ダービー(2400メートル)は、距離が近いので多く出ているのはわかりますが、皐月賞と菊花賞の2冠(3000メートル)の方が距離に違いがあるのに、日本ダービーと菊花賞の距離が近い2冠より多いのは、前記の日本ダービーで全精力を使ってしまう場合があるのと関係しているかもしれません

日本競馬の3冠馬は過去に7頭・・・

セントライト(1941年)
シンザン(1964年)
ミスターシービー(1983年)
シンボリルドルフ(1984年)
ナリタブライアン(1994年)
ディープインパクト(2005年)
オルフェーヴル(2011年)

ただし、セントライトの時は3冠は、

横浜農林省賞典4歳呼馬(横浜競馬場、芝1850メートル)
東京優駿競走(東京競馬場、芝2400メートル)
京都農林省賞典4歳横馬(京都競馬場、芝3000メートル)

というレース名で

シンザンとオルフェーヴルの時の3冠は、皐月賞が東京競馬場で行われました

7頭の3冠馬のうち

シンボリルドルフ
ディープインパクト

の2頭が無敗の3冠馬です

2頭は、無敗の3冠馬を達成し、その後G1を4勝加え、G1・7勝馬となっています

シンボリルドルフの全戦績は、16戦13勝(うち国外1戦0勝)

ディープインパクトの全戦績は、14戦12勝(うち国外1戦0勝)

ディープインパクトは、無敗の3冠馬を目指すコントレイルの父です

25日に行われる第81回菊花賞で、コントレイルが無敗の3冠馬となるか注目です

 
週刊Gallop臨時増刊「さらば皇帝シンボリルドルフ」


追悼ディープインパクト (Gallop21世紀の名馬シリーズ)

シンボリルドルフとディープインパクトは、無敗の3冠馬

競馬、3冠馬への挑戦

25日に、競馬の第81回菊花賞(G1、京都競馬場芝3000メートル)が行われる予定

注目は、日本競馬史上3頭目の無敗の3冠馬を目指すコントレイル

これまでの圧倒的パフォーマンスから、無敗の3冠馬の可能性は高いと思われます

気がかりは、春を超し、秋に成長したライバルの存在と2冠目の日本ダービー(芝2400メートル)から一気に600メートル伸びる菊花賞(芝3000メートル)の長距離

コントレイルは、菊花賞をこなせるだけの力はあると思いますが、本質的には適距離ではないと思います

個人的には、コントレイルは無敗の3冠馬を達成できると思うし、無敗の3冠馬を見てみたいと思いますが・・・

過去の菊花賞を秋に成長し、制したいわゆる「上がり馬」の代表に、1976年のグリーングラスと1969年のアカネテンリュウ

グリーングラスは、菊花賞を制した後、天皇賞・春と有馬記念を勝っており、トウショウボーイとテンポイントと同世代のいわゆるTTG(トウショウボーイ、テンポイント、グリーングラス)の「3強」の一角

アカネテンリュウは、菊花賞を制した後、勝ってはいませんが、2年連続でスピードシンボリの2着となっています

1963年の菊花賞は、メイズイが皐月賞と日本ダービーをレースレコードで勝ち、秋も2連勝で、ライバルと思われたセントライト記念をレコード勝ちしたグレートヨルカが予定していた京都盃を故障で使えず、3冠確実とされましたが、ハイペースで引っ掛かり菊花賞はまさかの6着、優勝はグレートヨルカでした

その翌年の1964年にシンザンが3冠達成

さらに、1992年のミホノブルボンは、菊花賞前まで7戦7勝で、皐月賞と日本ダービーを制した無敗の2冠馬で、菊花賞で無敗の3冠馬が期待されましたが、ライスシャワーの3着

菊花賞を優勝したライスシャワーは、翌年の1993年の天皇賞・春で、メジロマックイーンの天皇賞・春3連覇を阻止し、さらに1995年の天皇賞・春も制し、長距離適正を示しました

菊花賞、天皇賞・春の淀の京都競馬場を得意としたライスシャワーは「淀の刺客」ともいわれました

その後、1995年にディープインパクト(コントレイルの父)が無敗の3冠馬

競馬では、「強い世代は、オリンピック(五輪)の年に現れる」といわれますが、2020年は新型コロナウイルスの影響で五輪が1年延期となりましたが、本来なら今年開催される予定でした

コントレイルの無敗の3冠馬がなるかに注目です

 
ミホノブルボン 戸山為夫の挑戦 [DVD]

ミホノブルボンは、無敗の2冠馬(皐月賞、日本ダービー)

菊花賞前まで7戦全勝でしたが、菊花賞3着で惜しくも無敗の3冠馬ならず

スパルタ調教で「坂路の申し子」、正確なラップを刻む逃げ馬で「サイボーグ」ともいわれました

プロ野球、岩隈久志投手が今季限りの現役引退

19日に、ここまで日米通算170勝(2020年10月19日現在)をした岩隈久志投手が今季限りで現役引退へ

2017年に右肩の手術を受け、2019年に巨人で日本球界復帰をしたが、これまで1軍での登板はなし

1軍復帰への夢はかなわずのままでの現役引退の決断となりました

岩隈投手は、2000年に、堀越高(東京)からドラフト5位入団

2005年に近鉄消滅で、新球団・楽天入り

楽天時代の2008年に21勝を挙げ、パ・リーグMVPに

2012年から大リーグ・マリナーズ移籍

2015年にノーヒットノーラン達成

2019年に巨人で日本球界復帰

日本プロ野球では、226試合に登板し、107勝69敗、防御率3.25

大リーグでは、150試合で63勝39敗3セーブ、防御率3.42

(数字は、2020年10月19日現在)

日本プロ野球・・・

最優秀防御率1回(2008年)、最高勝率2回(2004年、2008年)、最多勝2回(2004年、2008年)

パ・リーグMVP1回(2008年)、沢村賞1回(2008年)、最優秀投手2回(2004年、2008年)

ベストナイン2回(2004年、2008年)

アメリカ大リーグ・・・

ノーヒットノーラン1回(2015年8月12日、対オリオールズ戦)

2004年に初の開幕投手となり、開幕投手を務め、開幕12連勝の当時のプロ野球記録

この記録は、今年(2020年)、現在のチームメイトの巨人・菅野智之投手に開幕13連勝で更新されるまでのプロ野球記録だった

 
あせらない。 – 空を見て大きく深呼吸をしよう – (ワニブックスPLUS新書)

 

同日に、プロ野球・阪神対ヤクルト戦が行われ、九回終了1-1で引き分け

阪神の藤浪晋太郎投手が七回に3番手で登板し、代打・松本友内野手との対戦で球団最速の162キロを計測し、甲子園球場をどよめかせるなど、3者凡退の完璧にヤクルト打線を抑えたが、試合は引き分けに終わった

 
藤浪晋太郎―阪神タイガース (スポーツアルバム No. 46)

プロ野球、DeNA・梶谷外野手が逆転満塁弾

18日に、プロ野球・DeNA対巨人戦が行われ、DeNAが10-6で勝利

DeNAの梶谷外野手は、七回に逆転劇を演出する18号満塁弾

この日の梶谷外野手は、さらに八回にも19号2ランを放ち、5打数2安打6打点

チームの勝率5割復帰に貢献

巨人は敗れましたが、2位・中日も敗れたため、優勝へのマジック(M)が7へ


横浜DeNAベイスターズのオキテ ~熱き星たちの「あるある」100ヵ条!

DeNAの「あるある」

 同日に、国内男子ゴルフのメジャー・日本オープン最終日が行われ、稲森佑貴選手が通算5アンダーで優勝

稲森選手は、2018年も日本オープンを優勝しており、これでツアー2勝目

ツアー初勝利も2勝目も日本オープン

競馬、第25回秋華賞はデアリングタクト優勝で無敗の牝馬3冠達成

18日に、競馬の第25回秋華賞(G1、京都競馬場芝2000メートル)が行われ、断然1番人気の日本競馬史上初の無敗の牝馬3冠を目指した松山弘平騎手騎乗のデアリングタクトが優勝

中団からレースを進めたデアリングタクトは、直線もすんなり抜け出し、見事に無敗の牝馬3冠達成

牝馬3冠達成は・・・

メジロラモーヌ(1986年)
スティルインラブ(2003年)
アパパネ(2010年)
ジェンティルドンナ(2012年)
アーモンドアイ(2018年)
デアリングタクト(2030年)

史上6頭目の牝馬3冠達成

1296万円で落札された馬の市場では値段が安かったデアリングタクトの「シンデレラ・ストーリー」

デアリングタクトは、これで戦績5戦5勝

血統は、父エピファネイア母デアリングバード(父キングカメハメハ)

デアリングタクトは強かったですね

そして、見事に史上初の無敗の牝馬3冠達成

騎乗した松山騎手は、秋華賞直後の京都12レースで自身初のJRA年間100勝達成

ルメール騎手、川田騎手、福永騎手に続く今年4人目の達成

2着は1馬身1/4差で10番人気のマジックキャッスル、3着はさらに3/4馬身差で9番人気のソフトフルート

私の注目馬は、1着・デアリングタクト、7着・マルターズディオサ、9着・ウインマイティ―、13着・リアアメリア、14着・ミヤマザクラ、15着・ウインマリリン

1着・デアリングタクト以外は、馬券的に外れました

馬券は完敗でしたね

今週25日には、菊花賞で牡馬のコントレイルがデアリングタクトの無敗の牝馬3冠に続く無敗の3冠馬を目指す


キングカメハメハ 新たなる王道 [DVD]

キングカメハメハは、デアリングタクトの母の父で、変則2冠(NHKマイルカップ→日本ダービー)馬で、大種牡馬