大リーグ、大谷投手の今季投手復帰厳しく、秋山外野手が1番打者の「働き」

大谷翔平投手の今季投手復帰は厳しく・・・・

3日に、大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は、前日の登板で右腕の違和感を訴え、途中降板、降板後にMRI検査を受けたが、その結果が右肘付近の屈筋回内筋痛と診断された

一般的に投球練習再開まで4~6週間かかるとされ、今季中の投手復帰は厳しい見通しとなった

今後、大谷投手はチームに帯同し、打者としての出場は、当日の状況を見て判断するという

今季は、投打二刀流復活の予定でしたが、これで二刀流は今季は厳しく、来季以降へ

残念ですね

エンゼルスは、大谷投手の投打二刀流を評価しており。二刀流は今後に期待

レッズの秋山翔吾外野手は、インディアンズ戦に「1番・中堅」で出場し、4打数1安打・1得点1三振

六回に安打で出塁し、相手投手に6球の牽制球を投げさせ、投手の集中力を分散させ、逆転弾を呼んだ

1番打者の「働き」をしましたね

チームは3-2で勝利

 
不可能を可能にする 大谷翔平120の思考


技術と心 至高の打撃・野球道&精神力探求バイブル (Professional Bible)

大リーグ、大谷投手乱調、右腕に違和感

2日に、大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手がアストロズ戦に炎髪

前回、1アウトも取れずにKOしたリベンジのマウンド

1回を無失点で上々の立ち上がりでしたが、2回に課題の制球が乱れ、球速も急落

2個の押し出し四球で、1回2/3を無被安打2失点・3奪三振5四死球で降板

大谷投手に勝敗はつかず

登板後に、大谷投手は右腕に違和感を訴え。MRI検査を受けた

 検査結果は後日出ますが、検査の結果が気になりますね

大谷投手の今後の予定は打者も含め未定

なお、チームは延長十一回タイブレークで5-6で敗れた

 
不可能を可能にする 大谷翔平120の思考

大リーグ、田中投手が上々の初登板、前田投手が開幕2連勝など

1日に、大リーグ・ヤンキースの田中将大投手がレッドソックス戦に今季初登板

軽度の脳震盪からの復帰でしたが、51球を投げ、2回2/3で4被安打2失点(自責点1)・3奪三振1与四球で勝敗つかず

チームは5-2で勝利

復帰戦はまずまずだった

ツインズの前田健太投手はインディアンズ戦で本拠地デビューの先発

6回を1被安打無失点・6奪三振・1与四球で開幕2連勝

チームは3-0で勝利

マリナーズの菊池雄星投手は、アスレチックス戦に先発し、6回を3被安打無失点・9奪三振1与四球で勝敗つかず

チームは延長十回タイブレークで、2-3で敗れた

レイズ・筒香外野手は4打数無安打、エンゼルス・大谷投手はこの日は登板予定の前日でアストロズ戦に出場なし、レッズ・秋山外野手は出場予定だったタイガース戦が雨天中止

 
なぜか結果を出す人の理由 (集英社新書)


ゆとりの美学。 力を抜くこと、サボることを恐れない


メジャーをかなえた 雄星ノート (文春e-book)

大相撲、7月場所は13勝2敗で照ノ富士の「復活」優勝・2回目

2日に、大相撲7月場所千秋楽が行われました

2敗で単独トップの平幕で再入幕の元大関の照ノ富士が、3敗の関脇・御嶽海に勝ち、ケガや病気のため番付を序二段にまで下げましたが、そこからはいあがり、今場所に再入幕、「復活」の2度目の13勝3敗で優勝

照ノ富士の優勝は、平成27年夏場所以来30場所ぶり

30場所ぶりの優勝は、琴錦の43場所ぶりに次いで2番目の長い間隔

大関経験者が転落後に優勝するのは昭和以降で昭和51年秋場所の魁傑以来2人目

再入幕の場所で優勝するのも今年初場所の徳勝龍以来2人目

東前頭17枚目の照ノ富士

いわゆる「幕尻優勝」も徳勝龍以来3人目

照ノ富士は優勝と2度目の殊勲賞と初の技能賞も獲得

新大関の朝乃山はこの日正代に勝ち12勝3敗

優勝と三賞は・・・

■優勝・・・照ノ富士 13勝2敗(2回目)

■三賞・・・

殊勲賞・・・御嶽海(6回目)・大栄翔(2回目)・照ノ富士(2回目)
敢闘賞・・・正代(5回目)
技能賞・・・照ノ富士(初)

 
BBM2017大相撲カード■レギュラーカード■77/照ノ富士 春雄/オフショット

競馬、エネイブルが英G1・「キングジョージ」圧勝、最多の3勝・連覇達成

7月25日に英G1・キングジョージ6世&クイーンエリザベスステークスが、アスコット競馬場で行われ、フランキー・デッドーリ騎手騎乗のエネイブルが圧勝

エネイブルは同レース最多の3度目の優勝で新しい歴史を作った

出走馬はエネイブルも含めわずか3頭立てのレース

エネイブル以外の出走馬は、2頭ともアイルランドのエイダン・オブライエン厩舎の馬

さらにいえば同レースの出走を取りやめた馬も含め、エネイブル以外は、オブライエン厩舎の馬だ

レースとしては、エネイブルがマークされるタフなレースが予想されたが、あっさりエネイブルが圧勝した

レースは、エネイブルが先頭のソブリンの2番手から直線で抜け出す

エネイブルが2着・ソヴリンに5馬身半差、3着・ジャパンに16馬身半差をつけ圧勝

2017年、2019年に続く2020年の3度目の同レース制覇、連覇の達成

この後エネイブルはさらなる歴史を目指し、10月の仏G1・凱旋門賞でも同レース最多の3勝目にも挑む
(エネイブルの凱旋門賞は、2017年、2018年連覇で。2019年は2着だった)

大リーグ、ダルビッシュ有投手が6回無失点で今季初勝利

7月31日に大リーグ・カブスのダルビッシュ有投手がパイレーツ戦に先発し、6回を2被安打無失点・7奪三振1与四死球に抑え、今季初勝利(1敗)

チームは6-3で勝利

エンゼルスの大谷翔平投手は、アストロズ戦に「4番・DH」で出場し4打数無安打・1得点1四球2三振で3試合連続本塁打はならず

チームは6-9で敗れた

他の日本人選手では・・・

レイズの筒香外野手がオリオールズ戦に「4番・左翼」で出場し、4打数1安打1打点・2三振でチームは3-6得敗れる

レッズの秋山外野手はタイガース戦に「1番・左翼」で出場し、4打数無安打でチームは2-7で敗れた

 
ダルビッシュ有の変化球バイブル ハンディ版

大相撲、7月場所14日目、照ノ富士が正代に・朝乃山も敗れ、優勝は照ノ富士、朝乃山、正代、御嶽海の4人に可能性

1日の大相撲7月場所14日目

1敗の平幕で再入幕の元大関・照ノ富士が3敗の関脇・正代に敗れろも、2敗の新大関・朝乃山も平幕・照強に強烈な足とりに敗れ、その結果、優勝は2敗の照ノ富士、3敗の朝乃山、正代、御嶽海の可能性に

もちろん2敗の照ノ富士にアドバンテージがありますが、3敗の新大関、朝乃山も2横綱途中休場で大関の「意地」があり、関脇・正代も照ノ富士に勝ち「初優勝」の可能性を残した「気迫」と「悲願」があり、関脇・御嶽海にも「3度目の優勝」の可能性の優勝経験の「実績」があります

きょう2日の千秋楽に注目ですね

ちなみにその千秋楽は照ノ富士が御嶽海戦、朝乃山が正代戦の注目の対決

はたして優勝は!?

 
正代キーホルダーアクリルキーホルダー三月場所 春場所大相撲相撲両国 大阪琴剣 サイン 相撲みやげ稀勢の里


御嶽海 令和元年秋場所優勝 記念報道写真集

大リーグ、大谷翔平投手が3ラン・2戦連発

7月30日に、大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手が「5番・DH」でマリナーズ戦にフル出場し、九回に2試合連続の2号3ランを放ちました

4打数1安打3打点・1三振で、七回には今季初盗塁

チームは5-8で敗れる

内角球を逆方向への技あり本塁打

 
不可能を可能にする 大谷翔平120の思考

大相撲、7月場所13日目、照ノ富士が1敗対決制す、白鵬休場

7月31日に、大相撲7月場所13日目が行われました

注目の新大関・朝乃山と平幕で再入幕の元大関・照ノ富士の1敗対決は、照ノ富士が右四つから寄り切りで勝ち、1敗対決を制しました

可能性としては、きょう14日目にも照ノ富士の優勝が決まります

この1敗対決は照ノ富士が勝ちましたね

朝乃山は力負けで、照ノ富士がケガや病気で番付を落としたものの、再び再入幕しました

将来の横綱候補ともいわれた元大関の底力を発揮しましたね

12日目に敗れ連敗の白鵬はケガで休場へ

カド番の大関で勝ち越してカド番を脱出した貴景勝はケガで12日目から休場

 
BBM2017大相撲カード■レギュラーカード■07/照ノ富士 春雄/大関

大リーグ、大谷翔平投手が今季初アーチ

29日に、大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手がマリナーズ戦で「4番・DH」でフル出場し、四回に今季初本塁打となる3ランを放ち、5打数1安打3得点・1得点1三振

チームは7-10で敗れた

今季初本塁打以外のこの日の打席は凡退で必ずしも復調とはいえませんが、とりあえず今季初本塁打が出ました

この本塁打を「きっかけ」に、「復活」を期待します

 
不可能を可能にする 大谷翔平120の思考