将棋、藤井2冠が朝日杯優勝

11日に、将棋の藤井聡太2冠が第14回朝日杯将棋オープン戦に優勝

準決勝で渡辺明3冠、決勝で三浦弘行九段に勝った

藤井2冠は、初参加の第11回を優勝し、翌第12回も優勝し、連覇達成

全棋士参加棋戦連覇の最年少記録(16歳6か月)

翌第13回は準決勝敗退で3連覇ならず

今期の第14回を制して3回目の優勝

(この記事は、産経新聞の記事を参考にしました)

 
藤井聡太のいる時代

朝日新聞の大人気連載の書籍化
天才棋士に迫る!
将棋界は藤井2冠中心に回り始めている

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です