大相撲、王鵬の今後に「期待」

大相撲で初場所新十両だった王鵬は、史上2位の優勝32回を誇る大鵬の孫

新十両だった初場所は5勝10敗と大きく負け越した

しかし、父が元関脇の貴闘力、母が大鵬の娘、つまり大鵬の孫という角界のサラブレッド

この「血統」がプレッシャー(重圧)にもなるだろうが、負けずに頑張ってほしい

身長191センチ、体重175キロの恵まれた体格でもあり、前述の「血統」と合わせ、今場所は大きく負け越したが、今後への「期待」は大きい

祖父・大鵬は順調に出世したが、王鵬は初場所で新十両で大きく負け越した

今後も大鵬の孫として注目され続けるだろうが、頑張ってください

注目してますし、期待もしてます


第48代横綱 大鵬幸喜―甦る昭和の大横綱CD BOOK

王鵬の祖父の昭和の大横綱の大鵬幸喜を写真と資料で追う栄光の軌跡
柔らかい巨体を生かした「負けない相撲」を取りました
史上2位の優勝32回や2回の6場所連続優勝をした大鵬ですが、今後も作りにくい大記録は入幕から引退まで毎年優勝したことです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です