ミャンマーでクーデター

1日に、ミャンマー国軍は全権を掌握するクーデター

国軍はアウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相とウィン・ミン大統領を拘束した

国軍は「総選挙で不正があった」と正当化している

2013年3月の民主化から10年足らず、ミャンマーは軍政復活

(この記事は、産経新聞の記事を参考にしました)

アウン・サン・スー・チー氏らによる「民主化」で、軍政は終わったと思われたが、再び軍政復活

国際的「孤立」再来も

アウン・サン・スー・チー氏については、アウンサンスーチーのミャンマーが参考になると思います

ミャンマー、アウン・サン・スー・チー氏の民主化とアウン・サン・スー・チー氏については、下記が参考になります


ミャンマー権力闘争 アウンサンスーチー、新政権の攻防 (角川ebook nf) (角川ebook nf)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です