英 TPP申請へ

1月31日に、英政府は、2月1日に環太平洋戦略敵経済連携協定(TPP)への加盟を正式に申請すると発表

発足時の参加国以外では初

英国の加盟が実現すれば、TPPの影響力が高まる期待も

これにより、米国のTPP復帰の呼び水となる可能性も

さらに、対中国包囲網で結束する可能性も

英国は欧州連合(EU)から離脱したが、そのEUとの間で自由貿易協定(ETA)を実現

さらにTPPに加盟すれば、欧州とアジアの結束点になりえる

複数の英紙によると、英国は、香港民主化問題などで、対中国をにらみ日米豪印の枠組み「クアッド」に参加する可能性も浮上しているという

ま他、英紙タイムズは、アジア太平洋地域との連携も視野に入れているとしている

EUから離脱した英国は世界全体に目を向けアジアにも活路

(この記事は、産経新聞の記事を参考にしました)

 
2時間でわかる 図解貿易新ルール入門 ―――TPP11、EPA(日欧EPA)、FTA、関税撤廃、一帯一路ってニュースでよくきくけどそれって、いったい何?

TPPなど貿易ルールを解説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です