ノルディック複合スキー、渡部暁選手がW杯20勝目を逃す

29日に、ノルディックスキー複合で、ワールドカップ(W杯)第9戦が行われ、渡部暁斗選手が2位

日本人W杯スキー歴代最多の20勝目はお預けとなった

渡部暁選手は、ここまで日本人歴代最多タイ(ノルデック複合の荻原健司氏と並ぶ)の19勝を挙げていた

第9戦で、単独最多の20勝目を目指したが、写真判定で惜しくも2位で20勝目を逃した

第9戦は、3試合の総合成績で争う「トリプル」も兼ね、2018年の平昌五輪直前に日本人初制覇したのに続き再びの制覇に好発進

(この記事は、ネットニュースのスポーツ報知の記事を参考にしました)

日本人W杯スキー最多勝タイ(2021年1月31日)の19勝を挙げ、世界のノルデックスキー複合界に君臨した荻原健司氏の栄光への軌跡を追う荻原健司―世界チャンピオンの軌跡は荻原健司氏の強さと素顔に迫るドキュメンタリーです

 
荻原健司―栄光と苦悩

「キングオブスキー」とも呼ばれた日本人W杯スキー最多勝タイ(2021年1月31日現在)の荻原健司氏の栄光と苦悩を日本ノルディックスキー複合をともに引っ張った双子の弟・次晴氏が綴る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です