五輪 無観客開催も選択肢、大相撲春場所 東京開催

新型コロナウイルスの感染拡大で今年行われる予定の東京五輪・パラリンピックは、無観客開催も選択肢に

東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長は、28日の国債オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長とのテレビ会議後の記者会見でで無観客開催も選択肢と述べた

一方、日本相撲協会は同日に3月14日初日の大相撲春場所の会場を例年の大阪市のエディオンアリーナ大阪から東京・両国国技館に変更することを決めた

地方での本場所は、史上初の無観客開催となった昨年の春場所が最後で、5場所続けて国技館となる

春場所が東京で行われるのは、大阪開催で本場所になった昭和28年以降初めて

緊急事態宣言の解除も見通せず、感染対策の観点などからも、都道府県をまたいだ移動を避け、国技館開催に決めたようだ

(この記事は、産経新聞の記事を参考にしました)


新型コロナ 7つの謎 最新免疫学からわかった病原体の正体 (ブルーバックス)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です