世界の新型コロナの感染者1億人超

26日(日本時間27日)に、米ジョンズ・ホプキンス大の集計によると、新型コロナウイルスの感染者が世界全体で累計1億人を超えた

感染者は、昨年11月8日に累計5000万人を上回ったばかりで、2ヶ月半余りで倍増した

感染力が強いとされる変異種が猛威を振るっており、収束は見通せない状況

先進国を中心にワクチン接種が進んではいるが、欧州ではワクチンの供給が逼迫する問題なども

新型コロナウイルスの感染ペースは、3大感染症の一つである結核や、重症急性呼吸器症候群(SARS)を大幅に上回る

これまでに世界はインフルエンザのパンデミック(世界的大流行)を経験してきた

多くの感染者を出したいわゆる「スペイン風邪」はその後消滅したが、香港風邪は、季節性インフルエンザの一つとして今も残っている

新型コロナの場合も、ワクチンが普及してもウイルスは消滅せず、人類は共存を迫られる可能性も

新型コロナはインフルエンザより致死率が高いとのデータも

(この記事は、産経新聞の記事で作成しました)

 
新型コロナ 7つの謎 最新免疫学からわかった病原体の正体 (ブルーバックス)


新型コロナとワクチン 知らないと不都合な真実 (日経プレミアシリーズ)


理論疫学者・西浦博の挑戦 新型コロナからいのちを守れ!

新型コロナウイルスは「人類史上最悪のウイルス」となりつつある
今後も「戦い」合続きそうで、「共存」の場合も

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です