ネット売買 転売トラブル・悪質出品防止へ自主規制急ぐ

インターネットで売り買いの場を提供する国内のプラットフォーマーが転売トラブルや悪質出品の防止に向けた自主ルールを活発化させている

例えばメルカリでは、27日に転売対策の指針となるフリマアプリとしての基本的考え方(基本原則)に「安全」「信頼」「人道的」を定めると発表した

フリマ市場などは、新型コロナウイルス感染拡大でインターネットで売買出来、伸びたが、転売トラブルや悪質出品も頻発し、社会問題となっている

メルカリと同じくインターネット売買の場を提供するアマゾンジャパン、楽天、ヤフーなどでも転売トラブル・悪質出品防止の取り組みをそれぞれ着手

各社とも安全で公正なルール作りなどに本腰を入れ始めている

(この記事は、産経新聞の記事で作成しました)

 
初心者でもすぐ売れる! メルカリかんたん出品ガイド

インターネット売買で注目のメルカリ
メルカリの使い方などをわかりやすく解説
メルカリの利用ガイド

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です