大相撲、初場所14日目、大栄翔が単独トップで千秋楽へ

23日に、大相撲初場所14日目が行われました

優勝の可能性は、13日目まで2敗の大関・正代と平幕・大栄翔のみです

大栄翔は、この日も勝ち、2敗を守りましたが、正代は、関脇・照ノ富士にはたき込みに敗れ3敗に後退

照ノ富士は勝って10勝と勝ち星を2桁にしました

大関・朝乃山もこの日勝って10勝目

千秋楽は、2敗でトップの大栄翔が隠岐の海と、3敗で追う正代が朝乃山と対戦

優勝は、大栄翔か正代ですが、1差でトップの大栄翔が圧倒的有利

正代の優勝は、千秋楽で大栄翔が敗れ、正代が勝ち、2人の優勝決定戦で正代が勝った場合のみ

(この記事は大相撲公式サイトの記事を参考にしました)

 
おめでとう! 正代関 初優勝、大関昇進 記念写真集

昨年の秋場所に初優勝し大関昇進した正代の昇進記念写真集
新大関の先場所は休場で今場所はカド番でカド番を脱出し13日目まで11勝2敗で優勝争いのトップに大栄翔と並んでいましたが、14日目に敗れ、大栄翔が勝ったため、千秋楽は1差で追う展開に

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です