大相撲、初場所11日目、正代が辛勝で優勝争いのトップに並ぶ

20日に、大相撲初場所11日目が行われました

この日、大栄翔が逆転負けをし、2敗に

10日目に勝ち越し、カド番を脱出した大関・正代は、背中から落ちた取り直しの一番で、隠岐の海の勇み足により、辛勝

白星を拾い、優勝争いのトップに

カド番だった正代が優勝争いのトップに立ちました

この日は、同じくカド番だった大関・朝乃山が勝って勝ち越し、カド番脱出

(この記事は、大相撲公式サイトの記事を参考にしました)

 
おめでとう! 正代関 初優勝、大関昇進 記念写真集

昨年の秋場所に初優勝し大関昇進をした正代の昇進記念写真集
新大関の先場所は休場で、今場所はカド番でしたが、10日目にカド番を脱出
11日目に取り直しの一番を辛勝し、優勝争いのトップに並びました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です