卓球、全日本選手権女子単は石川選手が5年ぶり女王返り咲き

17日に、卓球の全日本選手権が行われ、女子シングルス決勝で石川佳純選手が伊藤美誠選手にセットカウント4-3(4-11、11-7、7-11、7-11、12-10、11-5、11-9)で勝ち、5年ぶり女王返り咲き

セットカウント1-3から追い詰められての逆転勝ち

女子決勝は、東京五輪内定2人による死闘でした

男子シングルス決勝は、及川瑞基選手が(準々決勝で張本智和選手に勝ち、)森薗政崇選手に勝ち初制覇

(この記事は、サンケイスポーツの記事を参考にしました)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です