大相撲、白鵬が新型コロナウイルスの感染で初場所休場へ

5日に、日本相撲協会は、史上最多の44回の優勝を誇る横綱・白鵬が新型コロナウイルスに感染したと発表

三役以上の感染が判明するのは初めて

これにより、10日が初日の初場所を休場することへ

白鵬は、初場所へ向け、順調に調整していた

3場所連続休場からの再起だったが、再起へ試練となった

角界では、新型コロナウイルスの感染が続いており、初場所の運営などへの影響が懸念される

(この記事は、産経新聞の記事を参考にしました)

 
勝ち抜く力

史上最多44回優勝を誇る白鵬の著書

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です