イングランド全域「都市封鎖」

4日に、英国のジョンソン首相は、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、人工の大多数を占めるイングランド地方全域で厳しい外出制限などを課す「ロックダウン(都市封鎖)」を実施すると発表

イングランド全域のロックダウンは、昨年3月と11月に続いて3度目で、少なくとも2月中旬まで続ける方針だという

外出は生活必需品の購入、運動、ワクチン接種、自宅では不可能な仕事など必要最低限に限られ、違反者は罰金の対象となる

外出は大幅に制限され、施設の封鎖されるところも・・・

学校などもオンラインに切り替える

英国では強い感染力があるとされる新型コロナウイルスの変異種が猛威を振るっている

医療が逼迫いている(ジョンソン首相)とされ、政府の医療顧問は同日、感染の警戒レベルを5段階の「4」から医療崩壊を示す「5」へ引き上げることを勧告した

(この記事は、産経新聞の記事を参考にしました)

 
都市封鎖 NYロックダウンと生活の変化

都市封鎖(ロックダウン)により、ニューヨークでの生活の変化を見る
日本ではまだ実施されていないロックダウンを考える

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です