競馬、アーモンドアイが勝った2020年ジャパンカップ「特別の日」

2020年は、特別な年となりました

新型コロナウイルスの感染拡大が猛威を振るいました

このことは、競馬界でも同様でした

しかし、関係者の努力もあったのでしょうが、無観客開催の時期はありつつも、競馬開催は続けられました

そして、この特別な年に「奇跡」が・・・

同一年に、無敗の牡馬・牝馬の3冠馬が誕生したのです
(牡馬・コントレイル、牝馬・デアリングタクト)

無敗の牡馬3冠馬は、日本競馬史上2頭目、しかも父子での達成
(父・ディープインパクト、子・コントレイル)

無敗の牝馬3冠馬は日本競馬史上初

さらに、長らく日本競馬史上タイ記録止まりだった芝G1・7勝を超える馬まで・・・

一昨年の牝馬3冠馬のアーモンドアイは、芝G1・8勝で記録を更新
(アーモンドアイは、この後、ジャパンカップも勝ち、芝G1・9勝に)

そしてこの3頭による「夢の対決」が実現

夢の「3強対決」

 

2020年11月29日のジャパンカップは、「特別な年」の「特別な日」となりました

このレースは、1着・アーモンドアイ、2着・コントレイル、3着・デアリングタクトと「3強」が3着までを占めました

ちなみに、私の注目馬はこの3頭だけ

予想は3連単の1番人気で、予想は当たった人も多いでしょうが、上記3頭だけの予想は会心の予想だったと思います


ALMOND EYE PHOTOGRAPHS

2018年の牝馬3冠馬で、芝G1・9勝のアーモンドアイ
2020年ジャパンカップの「夢の3強対決」も圧勝した
アーモンドアイの写真集

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です