競馬、第66回東京大賞典はオメガパフュームが優勝

29日に、日本競馬の今年最後のG1の第66回東京大賞典(G1、大井競馬場ダート2000メートル)が行われました

優勝は、ミルコ・デムーロ騎手騎乗の1番人気のオメガパフューム

オメガパフュームは、同レース史上初の3連覇達成

チャンピオンズカップを勝ったチョウワウィザード、JBCクラシックで後塵を拝したクリソベルリが不在の中、負けられない一戦を制し、G1・4勝目
(2018・2019・2020年東京大賞典、2019年帝王賞)

オメガパフュームは、父スウェプトオーヴァーボード母オメガフレグランス(父ゴールドアリュール)という血統

生産・社台ファーム、馬主・原禮子氏

JRAの栗東・安田翔伍厩舎所属の芦毛の牡馬5歳

戦績19戦9勝(うち地方競馬8戦4勝)

2着はクビ差で9番人気のカジノフォンテン、3着はさらに1/2馬身差で3番人気のウエスタ―ルンド

(この記事は、ネットニュースのサンケイスポーツの記事で作成しました)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です