「鬼滅の刃」が「千と千尋の神隠し」を抜き国内興行収入歴代1位に

27日までに、アニメーション映画「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」の興行収入が324億7000万円に達したと28日に、配給元の東宝などが発表

公開から73日間で、スタジオジブリのアニメ映画「千と千尋の神隠し」(平成13年)の316億8000万円を抜き、国内歴代1位になった

観客動員数は、2404万人

「鬼滅の刃」は漫画あの吾峠呼世晴晴(ごとうげ・こよはる)さんが「少年ジャンプ」に連載した漫画が原作

大正時代を舞台に、鬼に家族を殺された少年が妹を人間に戻すため鬼たちと戦う

テレビアニメ版の続編エピソードを映画化した

(この記事は、産経新聞の記事で作成しました)

「鬼滅の刃」は、映画はもちろん関連グッズも大ヒットしている

 
鬼滅の刃 23 (ジャンプコミックスDIGITAL)

「鬼滅の刃」の最終巻23巻
未公開カットも収録

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です