コロナ変異種対応

23日に、政府は英国で感染が広がる新型コロナウイルスの変異種への対策として、英国への短期出張者に認めている14日間の待機免除措置を停止すると発表

防疫措置を確約できる受け入れ企業・団体の新規入国も当面の間、拒否する

感染が他の国にも拡大すれば追加措置を検討する

英国への短期出張者への待機免除は、公共交通機関を利用しないことを条件に11月1日から実施していた

政府はまた、英国から帰国する日本人に対する検疫措置を強化する

27日以降の帰国者に関しては、出国前72時間以内の検査証明を求める

検査証明を所持しない帰国者は指定された宿泊施設で14日間の待機要請をする

さらに24日から、帰国者に位置情報を確認できるアプリのダウンロードを求める

国内流入を水際で防ぐ

経済再生のための「往来緩和」を修正し、往来、検疫などの強化へ

物流は混乱しており、仏では条件付きながら、英封鎖の一部を解除・・・・

米国では、ファイザー製とモデルナ製のワクチンの変異種への効果を検証

日本を始め世界が変異種にも対応へ

(この記事は、産経新聞の記事で作成しました)

 
絶対にかかりたくない人のためのウイルス入門 最新研究×イラスト図解で超わかりやすいウイルスのすべて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です