「M-1グリンプリ2020」はマジカルラブリーが優勝

20日に、漫才日本一を決める「M-1グランプリ2020」が行われました

マジカルラブリーが優勝し、第16代目王者に

過去最多の5081組がエントリー

決勝のファイナリストに、アキナ、マジカルラブリー、見取り図、錦鯉、ニューヨーク、おいでやすこが、オズワルド、東京ホテイソン、ウエストランド、敗者復活を勝ち上がったインディアンズの10組が出場

1本目のネタで上位3組が最終決戦に勝ち上がる

上位3組のおいでやすこが、マジカルラブリー、見取り図が2本目のネタを最終決戦でやり、最終決戦では、マジカルラブリーが3票、おいでやすこが、見取り図が2票の審査員票を獲得し、マジカルラブリーが頂点に立った

この模様は、テレビ朝日系で生放送された

上位3組は、ともに面白く、ハイレベルの最終決戦だったが、マジカルラブリーがこの「激戦」を制した

(この記事は、番組の視聴とネットニュースのオリコンニュースの記事を参考にしました)

 
M-1グランプリ2019~史上最高681点の衝撃~ [DVD]

M-1グランプリ2019でミルクボーイが史上最高得点を獲得
この年はミルクボーイが優勝

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です