プロ野球、両リーグのゴールデングラブ賞

18日に、プロ野球の守備のベストナインを選ぶ三井ゴールデングラブ賞が発表されました

セ・パ両リーグの受賞者は以下の通りです

(セ)
▼投手
菅野智之(巨人)4度目
▼捕手
梅野隆太郎(阪神)3度目
▼一塁手
ビシエド(中日)初
▼二塁手
菊池涼介(広島)8度目
▼三塁手
高橋周平(中日)2度目
▼遊撃手
坂本勇人(巨人)4度目
▼外野手
鈴木誠也(広島)4度目
大島洋平(中日)8度目
青木宣親(ヤクルト)7度目

(パ)
▼投手
千賀滉太(ソフトバンク)2度目
▼捕手
甲斐拓也(ソフトバンク)2度目
▼一塁手
中村晃(ソフトバンク)初
中田翔(日本ハム)4度目
▼二塁手
外崎修汰(西武)初
▼三塁手
鈴木大地(楽天)初
▼遊撃手
源田壮亮(西武)3度目
▼外野手
柳田悠岐(ソフトバンク)5度目
大田泰示(日本ハム)初
西川遥輝(日本ハム)4度目
(注)
敬称略

二塁手として史上初の守備率10割の菊池涼介二塁手が8年連続8度目の受賞

青木宣親外野手が9年ぶり7度目の受賞

(この記事は、産経新聞の記事で作成しました)


二塁手革命 (光文社新書)

二塁手の守備の名手・菊池涼介内野手

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です