きょうにも米ファイザー製ワクチンの承認申請

18日にも米ファイザーが自社の新型コロナウイルスのワクチンを厚生労働省に承認申請することが17日にわかった

国内で新型コロナワクチンの承認申請は初となる

厚生労働省は有効性と安全性を見極めながら慎重に審査する方針

早ければ、来年3月にも接種が始まる可能性も

日本政府は、1億②000万回分(6000万人分)の供給を受けることで基本合意している

(この記事は、産経新聞の記事で作成しました)

 
免疫力を強くする 最新科学が語るワクチンと免疫のしくみ (ブルーバックス)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です