75歳以上の医療費 2割負担新設

14日に政府は全世代型社会保障検討会議を官邸で開き、75歳以上の後期高齢者の医療費窓口負担について、単身で「200万円以上」の人を新たに2割負担の対象にすることを盛り込んだ最終報告をまとめた

15日に閣議決定する

令和4年10月以降の4年度後半の施行に向け、来年の通常国会に関連法案を提出し、成立を目指す

75歳以上の医療費窓口負担・・・

(3割負担)
年収383万円以上
約130万人(7%)

(2割負担(新設))
年収200万円以上
約370万人(約23%)

(1割負担)
年収200万円未満
約70%)

また、児童手当の「特例給付」について、世帯主の年収が1200万円以上の場合、支給対象から外す

(この記事は、産経新聞の記事で作成しました)

 
最新 医療事務のすべてがわかる本―仕事の実際と資格の取り方をくわしく解説! (年度版)

高齢化社会もあり、「仕事」としての医療事務にも注目されています


児童手当法の解説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です