ワクチン接種 原則予約制制

新型コロナウイルスのワクチン接種を巡り、厚生労働省は10日に開かれた予防接種に関する専門部会で、市町村が会場を用意し、原則として予約制で実施する方針を示し、了承された

短期間で効率的に接種するため、委託先の地域医療機関のほか、公民館や商業施設などでの集団的な接種も想定している

また、ファイザー製などの海外製ワクチンの「受け入れ」体制も整備する
(ファイザー製ワクチンなどは、超低温管理が必要)

さらに、医療機関以外に、集団的な接種を行う会場や人員の確保も求められる

これらの「整備」も必要だ

(この記事は、産経新聞の記事で作成しました)

ワクチンの接種への「準備」も進めているようです

 
免疫力を強くする 最新科学が語るワクチンと免疫のしくみ (ブルーバックス)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です