ラグビー、対抗戦・早明戦 34-14で明大が勝ち、優勝

6日に、関東大学ラグビー対抗戦の伝統の「早明戦」が行われました

明大が早大に34-14で勝ち、2季連続18回目の優勝

この対戦で、両校とも6勝1敗(勝ち点24)で並んだが、直接対決を制した明大の優勝

前半序盤は膠着したが、明大が15分に先制トライし、その後2トライし(コンバージョンキックは3本とも成功)、38分に早大に1トライ(コンバージョンキック成功)返され明大の21-7で前半を折り返した

後半も明大ペースで進み、13-7で早大を圧倒した

前後半合わせて34-14で明大の勝利

対抗戦の両校の対戦成績は、これで明大の40勝58敗2分け

昨年度は対抗戦で明大が勝ち、全勝優勝したが、大学選手権決勝で早大が勝っている

勝った明大は、今年度は大学選手権優勝を目指している(敗れた早大も大学選手権連覇を目指している)

 
早稲田ラグビー 最強のプロセス


紫紺の誇り 明大ラグビー部に受け継がれる北島イズム

早明両校の「こだわり」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です