日英EPAがTPP見据えきょう承認へ

3日に、日英経済連携協定(EPA)の承認案が、参院外交防衛委員会で賛成多数で可決した

協定はきょう4日の衆院本会議で可決、承認され、来年1月1日に発効へ

英国は環太平洋戦略的連携協定(TPP)加入にも前向きで、政府関係者は自由貿易拡大の観点からも「重要な一歩」としている

日英間の貿易には日本と欧州連合(EU)のEPAが適用されてきたが、英国のEU離脱で優遇関税は年末で切れる

そこで6月から新協定の交渉を開始し、スピード合意へ

日本が年内の合意にこだわったのは、日英EPAが全体的な自由貿易の拡大に不可欠との判断から

前述のように英国はTPP参加にも前向きで、来年のTPP議長国となる日本は英国の参加を後押し

TPPは、米国の復帰も注目だ

次の大統領が有力なバイデン氏は国際協調派だが、「現状」でTPPの早期復帰は難しそう

しかし、英国のTPP加入で、米国の復帰を促したい考え

中国がTPP参加を検討しているとの発言で米国への「揺さぶり」をかけている(中国は米国への「牽制」で国際関係を有利に進めたい狙いもあるよううだが、中国の参加は、TPPの規定の基準が高く、実現は難しいと思うが)

今後の米英やさらには中国などの国際関係の「動向」が気になる

(この記事は、産経新聞の記事を元に作成しました)

 
図解よくわかるFTA FTAとTPP (B&Tブックス)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です