競馬、第40回ジャパンカップの枠順と私の注目馬

29日15時40分発走予定の競馬の第40回ジャパンカップ(G1、東京競馬場芝2400メートル)の枠順と私の注目馬について以下に示します

1-1  カレンブーケドール
2-2  アーモンドアイ
2-3  ワールドプレミア
3-4  キセキ
3-5  デアリングタクト
4-6  コントレイル
4-7  ミッキースワロー
5-8  ウェイトゥパリス
5-9  トーラスジェミニ
6-10 パフォーマプロミス
6-11 クレッシェンド
7-12 マカヒキ
7-13 ユーキャンスマイル
8-14 ヨシオ
8-15 グローリーヴェイズ

私の注目馬は・・・
父が短距離馬のロードカナロアながら昨年のジャパンカップをレコードで圧勝しているG1・8勝馬のアーモンドアイ
父が大種牡馬のディープインパクトで日本競馬史上3頭目の無敗の3冠馬のコントレイル
日本競馬史上初の無敗の3冠牝馬で3歳牝馬で53キロの軽い斤量も魅力のデアリングタクト

 
21世紀の名馬VOL.7「ロードカナロア」 (Gallop21世紀の名馬シリーズ)
ロードカナロア自身は世界的名短距離馬だが、産駒のアーモンドアイは東京競馬場芝2400メートルをレコード勝ちで圧勝している


追悼ディープインパクト (Gallop21世紀の名馬シリーズ)
無敗の3冠馬でG1・7勝、しかも大種牡馬のディープインパクト
同じく無敗の3冠馬・コントレイルの父

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です