プロ野球、ソフトバンクが(2年)4連勝で日本一、巨人・V9以来の4連覇

25日にプロ野球の日本シリーズ・ソフトバンクー巨人戦が行われました

第4戦は、ソフトバンクが4-1で勝ちました

パ・リーグを3年ぶりに制したソフトバンクが、セ・リーグ2連覇の巨人に4連勝

ソフトバンクは、4年連続11度目(前身の南海、ダイエー時代を含む)の日本一を決めました

2年連続で4連勝での日本一は史上初

4年連続日本一は、パ・リーグ球団では初で、(セ・リーグの)巨人が1965年~1973年に達成した「V9」以来

この試合は、先制されたが、すぐに逆転した

ソフトバンクは、盤石の継投で3点差で勝った

ソフトバンクは、2018年の第3戦から(日本)シリーズ12連勝に記録を伸ばした

本拠地でのシリーズは2011年第7戦から16連勝、工藤監督は、本拠地12戦12勝

また、クライマックスシリーズを含めたポストシーズンの連勝は16に

巨人は8年ぶり日本一を目指したが、2013年第7戦から9連敗

ソフトバンクに2年連続で4連勝を許した

1958年第4戦から1961年第1戦までのシリーズ連敗記録に並んだ

日本シリーズのMVPは、シリーズ4試合で打率5割の大活躍のソフトバンク・栗原隆矢外野手が選ばれた

この記事は、ネットニュース記事を参考にしました)

 
「巨人V9」–50年目の真実: 栄光の時代を築いた名選手、立ち向かったライバル33人の証言

巨人のV9は、川上哲治氏の管理野球・統率力、投手力、ON(王貞治氏、長嶋茂雄氏)を中心とした打撃などで作られた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です