プロ野球、日本シリーズ第3戦、ソフトバンクが3連勝

24日に、プロ野球の日本シリーズ第3戦が行われました

ソフトバンク対巨人の一戦は、4-0でソフトバンクが勝ち、3連勝

ソフトバンクは、日本一に王手

投げては、ソフトバンクの先発投手のムーア投手は、7回無安打であと一歩で無安打無得点(ノーヒットノーラン)となる好投

7回無安打のムーア投手は、7回終了交代でモイネロ投手→森投手の日本シリーズ2度目の継投によるノーヒットノーランに挑む

九回二死までソフトバンク投手陣は抑えたが、あと一死で巨人・丸外野手の安打でノーヒットノーラン、ならず

しかし、この被1安打に抑えたソフトバンクが完封勝利

打っては、ソフトバンクの選手会長・中村晃内野手が先制弾とダメ押しの3打点の活躍

周東内野手が三回に巨人のミスを誘い二塁へ、中村晃内野手の先制2ランを呼んだ

この試合は、一回表にソフトバンクのエラーで巨人の無死二塁のチャンスで始まったが、巨人打線は後続を無安打で抑えられた

この回に巨人が得点できれば、試合の展開は変わったかもしれない

これでソフトバンクは、日本シリーズ11連勝で、連勝記録を更新

ここまでソフトバンクの強さばかりが目立つが、第4戦以降に巨人の意地・反撃にも期待したい

 
福岡ソフトバンクホークス 中村 晃選手 ネームプレート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です