プロ野球、沢村賞は大野雄大投手

23日に、プロ野球の沢村(栄治)賞が発表されました

沢村賞は、プロ野球草創期の大投手の巨人・沢村栄治氏の功績を称え創設された賞で、先発投手でそのシーズン最も活躍した投手に贈られます

沢村栄治氏は、プロ野球初のノーヒットノーラン、プロ野球タイ記録(広島・外木場氏とタイ)の3回のノーヒットノーラン、プロ野球初の投手5冠(同一シーズンで防御率、勝率、勝利数、奪三振数、完封数がリーグ1位)達成などを記録

1試合15奪三振(9回)は、戦前最多です

今年の受賞者は、中日の大野雄大投手です

大野雄投手は、20試合に登板し、11勝6敗、防御率1.82、投球回数146回1/3で148奪三振、最優秀防御率と奪三振王のタイトルを獲得、10完投と6完封はセ・パ両リーグトップ、45イニング無失点の球団記録もマーク

最終候補は、14勝2敗で開幕13連勝、最高勝率と最多勝のタイトルを獲得した巨人の菅野智之投手と2人になったが、選考委員の大半を票を獲得した大野雄投手に決まった

沢村賞の選考基準は、15勝、150奪三振、10完投、防御率2.50、200投球回数、25試合登板、勝率6割の7項目だが、大野雄投手は3項目をクリア

新型コロナウイルス感染拡大でシーズンが142試合から120試合に短縮されたことも考慮された

 
兵隊になった沢村栄治: 戦時下職業野球連盟の偽装工作 (ちくま新書)

沢村栄治氏は、ベーブ・ルース、ルー・ゲ―リックらを擁する大リーグ選抜に9奪三振で1失点で0-1の好投をしました
(惜しくも敗れる)
当時の日米の野球レベルを考えると驚異の快挙でした

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です