大相撲、11月場所13日目、貴景勝が1敗対決を制し単独トップ

20日に、大相撲11月場所13日目が行われました

1敗同士の優勝の先頭を争う大関・貴景勝と平幕・志摩ノ海の注目の対決は、貴景勝が押し出しで勝ち、12勝目を挙げ、単独トップに立ちました

2敗の元大関で小結の照ノ富士は平幕・竜電に勝ち、2敗を守りました

これらの結果、優勝争いは、貴景勝が1敗で単独トップ、照ノ富士と志摩ノ海が2敗で追う展開となりました

貴景勝の対抗相手になりそうなのは、照ノ富士で、両者は千秋楽の対決が濃厚

 
スポーツ報知 大相撲ジャーナル2018年12月号 九州場所決算号

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です