メイウェザー氏が来年2月に格闘技イベントの試合など

16日に、プロボクシングで世界5階級制覇をしたフロイド・メイウェザー氏が来年2月28日に開催予定の格闘技イベント「MEGA2021」(東京ドーム)に 出場することがわかった

対戦相手やルールは未定だが、日本選手を中心に探しているという

メイウェザー氏は、プロボクシングで50戦全勝(27KO)の戦績を残し、2018年にキックボクシングの那須川天心選手とエキシビションマッチ(さいたまスーパーアリーナ)を行い、1回TKO勝ちをしている

メイウェザー氏はパウンドフォーパウンド(異なる階級の選手を比較し、ボクシングなどで仮に体重差がなかったら最強とされる)の最強ボクサーとも

 
BOXING BEAT(ボクシング・ビート) (2015年 06 月号)

メイウェザー対パッキャオの「世紀の対決」を特集し収録
完璧に近いデフェンスで「負けない戦い」をしたメイウェザー選手(当時)の判定勝ち
消極的ともされるメイウェザー選手の戦い方に不満の声もあった試合だった
この対決が実現したことは凄いと思いますが

15日に、ゴルフのメジャー・マスターズの最終日が行われました

優勝したのは、世界ランキング1位のダスティン・ジョンソン選手(米国)が初日から首位で大会史上最少スコアの通算20アンダー

メジャー通算2勝目、米ツアー24勝目を挙げた

最終日に、10位からスタートした松山英樹選手は失速し、通算8アンダーの13位だった

前年優勝のタイガー・ウッズ選手(米国)は通算1アンダーの38位に終わった

16日に、大相撲11月場所9日目が行われ、平幕・翔猿が8日目まで全勝だった大関・貴景勝に勝ちました

翔猿は、大関戦初勝利の殊勲の星

この結果、幕内で全勝がいなくなり、優勝争いは、1敗の貴景勝ら3人を2敗の照ノ富士ら3人が追う大混戦の展開

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です