RCEPが15ヶ国署名で参加

日中韓や盗難アジア諸国連合(ASEAN)などによる巨大な経済圏を目指す地域的な包括的経済連携(RCEP)交渉の首脳会合がテレビ会議形式で開催され、交渉から離脱したインドを除く15ヶ国で協定に署名した

自由貿易協定で、日本などは、RCEPと環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)と重複して参加している

重複を解消し、将来的には一つの枠組みに全ての国が参加するのが望ましいとも

RCEPは、日本が中国、韓国と初めて結ぶ自由貿易協定

RCEPはインドの復帰、TPPは米国の復帰があるかも注目だ

(この記事は、産経新聞の記事を一部参考にしています)

 
東アジアとアジア太平洋: 競合する地域統合

複雑にからむRCEP、TPPなどについて考える

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です