競馬、第45回エリザベス女王杯の枠順と私の注目馬

15日15時40分発走予定の第45回エリザベス女王杯(G1、阪神競馬場芝2200メートル)の枠順と私の注目馬を以下に示します

なお、例年は同レースは京都競馬場で開催されますが、今年(2020年)と来年(2021年)は、京都競馬場改修工事のため、阪神競馬場で代替開催

1-1  シャトウディーバ
1-2  サムシングジャスト
2-3  リュヌルージュ
2-4  ソフトフルート
3-5  リアアメリア
3-6  ノームコア
4-7  ロサグラウカ
4-8  センテリュオ
5-9  ウインマイティ―
5-10 カーロバンビーチ
6-11 ラヴズオンリーユー
6-12 ウインマリリン
7-13 サラキア
7-14 サトノガーネット
7-15 ウラヌスチャーム
8-16 ミスニューヨーク
8-17 エスポワール
8-18 ラッキーライラック
(注)
左から枠番、馬番、馬名
主催者発表のものと照合ください

私の注目馬は・・・
札幌記念を勝ったディープインパクト産駒のノームコア
大外枠だが実力馬で同レース連覇のかかるオルフェーヴル産駒のラッキーライラック
オールカマー勝ちのディープインパクト産駒のセンテリュオ
府中牝馬S勝ちのディープインパクト産駒のサラキア
新潟牝馬Sを圧勝したウラヌスチャーム
オークスを勝った実力馬でディープインパクト産駒のラヴズオンリーユーあたりか

 
追悼ディープインパクト (Gallop21世紀の名馬シリーズ)

無敗の三冠馬でG!・7勝の大種牡馬のディープインパクト
その末脚は衝撃的でした


21世紀の名馬VOL.6「オルフェーヴル」 (Gallop21世紀の名馬シリーズ)

三冠馬でG1・6勝、フランスの凱旋門賞2着2回のオルフェーヴル
阪神大賞典での逸走後の2着などと破天荒・規格外な面も

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です