将棋、羽生善治九段の発熱で第33期竜王戦七番勝負第4局が中止・延期に

11日に、日本将棋連盟は、39度近い発熱のあった将棋の羽生善治九段が入院したため、12、13日に行われる予定だった豊島将之竜王に挑戦の第33期竜王戦七番勝負第4局は急遽中止にとの発表

第4局は、26、27日に延期へ

羽生九段は、新型コロナウイルスの感染の検査のため、PCR検査を受けたが、陰性だった

この竜王戦で前人未踏の通算タイトル100期を目指している将棋界のレジェンドも発熱でダウン

延期は残念ですが、体調不良は誰にでも起こりうる可能性があり、仕方ないですね

症状が軽く早く回復するといいですね

 
決断力 (角川新書)

羽生善治九段は当時の将棋全7冠(現在は8冠)タイトル年間独占や全7冠(現在は8冠、叡王は新設のためまだ永世・名誉称号資格者がいない)永世・名誉称号資格者などを達成しているレジェンド
第33期竜王戦で前人未踏の通算タイトル100期を目指しています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です