ニュートリノ観測でノーベル物理学賞を受賞した小柴昌俊さんが死去

12日に、2002年にノーベル物理学賞を受賞した小柴昌俊(こしば・まさとし)氏が94歳で死去した

小柴氏は、素粒子ニュートリノの観測で前述のノーベル物理学賞を受賞した

観測施設「カミオカンデ」で目に見えないニュートリノをとらえた

これにより、宇宙の謎に迫り、天文学の新たな道を開いた

自身が偉大な研究者であるだけでなく、「カミオカンデ」の後継施設「スーパーカミオカンデ」でニュートリノ研究を発展させ、同じくノーベル物理学賞を受賞した梶田隆章氏を育てた

小柴氏は、地味でとらえにくいニュートリノの研究などで「基礎研究」の大切さを伝え続け、自身も「基礎研究」に打ち込んだ

 
ニュートリノ天体物理学入門―知られざる宇宙の姿を透視する (ブルーバックス)

小柴昌俊氏は、謎が多かったニュートリノを世界で初めてとらえ、自身の研究成果だけでなく、自身と同じノーベル物理学賞を受賞した梶田隆章氏を育てた
物理学や天文学に大きく貢献した

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です