大リーグ、ドジャース7回目の「世界一」など

27日に、米大リーグのワールドシリーズ(WS=7回戦)の第6戦が行われ、ドジャース(ナ・リーグ)が3-1で筒香外野手の所属するレイズ(ア・リーグ)に対戦成績4勝2敗で32年ぶり7回目の「世界一」

WSMVPは、打率4割、2本塁打のユーリー・ドリュー・シーガ-内野手(ドジャース)

今季のWSは、新型コロナウイルスの影響で、両チームの中立地のレンジャーズの本拠地で開催

観客は1万人余りに限定した

レギュラーシーズンも本来の162試合から60試合に短縮

7月下旬に大幅に遅れて開幕

28日に、日本のプロ野球・ソフトバンクの周東佑京内野手がロッテ戦で二盗を決め、1971年と1974年に福本豊氏が作った11試合連続盗塁のプロ野球記録に並んだ

この間、16日の楽天戦から計13盗塁

これで今季の盗塁は、両リーグトップの47盗塁

ソフトバンクは、すでにパ・リーグ優勝を決めており、周東内野手の「足」がリーグ優勝に貢献

この日もソフトバンクは2-0で勝利

 
走らんかい! (ベースボール・マガジン社新書 28)

福本豊氏の著書

 

ソフトバンクの内川聖一内野手が今季限りで退団へ

今季は開幕前の不振でここまで1度も1軍昇格なし

来季は出場機会を求めて他球団での現役続行を希望しており、球団も退団を受け入れた

ここまで通算2171安打は現役最多

横浜(現DeNA)時代の2008年に打率3割7分8厘で右打者の最高打率のプロ野球記録を作り、セ・リーグ首位打者

2011年にソフトバンクでパ・リーグ首位打者に輝き、プロ野球2人目の両リーグ首位打者

昨季までソフトバンクの4度のリーグ優勝、6度の日本一に貢献

昨季は規定打席に到達し、一塁手でシーズン守備率10割のパ・リーグ新記録でゴールデングラブ賞を初受賞

これまでに、シーズンMVP1回、日本シリーズMVP1回、オールスターゲームMVP2回

さらにセ・パ交流戦MVP1回、クライマックスシリーズMVP3回

 
内川聖一のバッティングバイブル [現役プロ野球選手が今一番読みたい技術書] (B.B.MOOK1434)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です