プロバスケットボール、NBAファイナル、レイカーズが17度目のV

11日に、米プロバスケットボール・NBAファイナル(7回戦)の第6戦が行われました

西カンファレンスを制したレイカーズが106-93で東カンファレンスを制したヒートに勝ち、4勝2敗で10季ぶり17度目の優勝

17度の優勝は、セルティックス地並ぶ史上最多

ファイナルのMVP(最優秀選手)は、レイカーズのレブロン・ジェイムズ選手

ジェームズ選手は、この第6戦でも28得点、14リバウンド、10アシストと「トリプルダブル」(3部門で2桁)と活躍した

レイカーズは、NBAで最多タイの17度のファイナル制覇を誇る名門・強豪

カリーム・アブドゥル=ジャパー氏、マジック・ジョンソン氏、シャキール・オニール氏、コービー・ブライアント氏などの名選手が在籍

現在でも名選手のジェームズ選手が在籍

11日に、プロ野球・ヤクルトの五十嵐亮太投手が今季限りの現役引退を球団に伝えていたことが関係者の取材でわかった

五十嵐投手は、日米通算905試合登板をしてきた

プロ23年目で、今季の登板機会はなし

2004年に最優秀救援投手を受賞

大リーグでも投げ、3球団で83試合で5勝2敗、防御率6.41

ヤクルトから大リーグ、日本球界に戻り、ソフトバンクからヤクルト移籍

日本プロ野球では、822試合で65勝39敗70セーブ、防御膣2.93

全盛期は剛速球投手

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です