テニス、ジョコビッチ選手が4強進出

7日に、テニスの四大大会、全仏オープンの男子シングルス準々決勝が行われ、第1シードのノバク・ジョコビッチ選手(セルビア)が第17シードのパブロ・カレノプス選手(スペイン)を3-1(4-6、6-2、6-3、6-4)で下し、2年連続10回目の4強(準決勝)進出を決めた

準決勝では、第5シードのステファノス・シチパス選手(ギリシャ)と対戦予定

ジョコビッチ選手は、全仏オープン2度目の優勝を目指すわけですが、4強(準決勝)進出は、全仏オープンに滅法強い(全仏オープンシングルス12回優勝、2005-2008年(4連覇)、2010-2014年(5連覇)、2017-2019年(3連覇・継続中)の)今大会第2シードの「赤土の絶対王者」ラファエル・ナダル選手(スペイン)もいます

順当に勝ち上がれば、決勝は、ジョコビッチ選手とナダル選手の対戦になります

この対戦が実現すれば、ナダル選手の赤土での強さは驚異的で、ナダル選手が有利な気もしますが、注目ですね

 
ジョコビッチの生まれ変わる食事 新装版

ジョコビッチ選手は、小麦アレルギーで、小麦を使わない「グルテンフリー」の食事法を採用して「体質改善」に成功し、テニス選手としても「復活」しました
「グルテンフリー」は、ジョコビッチ選手のように小麦アレルギーの人には「有効」かもしれませんが、万人向けとは言えないとの意見も
「グルテンフリー」を取り入れるのは慎重に


ラファエル・ナダル 自伝

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です