プロ野球、ロッテで感染者13人に

プロ野球・(千葉)ロッテ(マリーンズ)で鳥谷敬内野手など1軍の7選手を含む11人が新型コロナウイルス感染が判明

これで4日に判明した岩下投手らと合わせて感染者は13人に

6日のオリックス戦は通常通り開催された

ロッテは、岩下投手が感染したことで、1、2軍の選手と監督、コーチ、スタッフらがPCR検査を実施

その結果11選手の陽性が判明した

11選手は、2軍の選手と入れ替わった

ロッテは、現在(2020年10月6日)パ・リーグ2位で、首位・ソフトバンクと激しい優勝争いをしている

ロッテにとって、15年ぶりリーグ優勝へ戦力ダウンとなる

感染対策は徹底していたようだが、感染が判明

感染経路については不明のようだ

前述のように、ロッテはパ・リーグの優勝争いをしており、この「事態」は大きな痛手だ

ちなみに、ロッテは、前身の毎日(オリオンズ)が2リーグ制になった1950年に誕生し、2リーグ制初の日本一になったチーム

日本シリーズの初代優勝チームだ

1974年に、セ・リーグで巨人が中日にリーグ制覇を阻止され、V9(9年連続日本一)がストップした時、ロッテ(オリオンズ)は日本シリーズで中日に勝ち日本一になったチーム

2010年に、(千葉)ロッテ(マリーンズ)で、パ・リーグ3位からクライマックスシリーズ(CS)を制し、日本シリーズへ進出し、日本シリーズを制し、日本一になった「下剋上」をしたチームでもある

 
消えた球団 毎日オリオンズ1950~1957


ベースボールマガジン 2020年 10 月号 特集:オリオンズさすらいの記録

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です