大相撲 正代の大関昇進伝達式「至誠一貫」

9月30日に、日本相撲協会は大相撲11月場所(11月8日初日、両国国技館)の番付編成会議と臨時理事会を開き、東関脇・正代直也の大関昇進を全会一致で決めた

同協会は鏡山理事(元関脇・多賀竜)と立川親方(元関脇・土佐ノ海)を使者として時津風部屋に派遣し、昇進を伝達した

注目の正代の伝達式での口上は・・・

「大関の名に恥じぬよう、至誠一貫(しせいいっかん)の精神で相撲道に邁進してまいります」

だった

「至誠一貫」とは、誠実に貫き通すという意味だ

口上で4文字熟語でしたね

大関昇進の口上の4文字熟語では、貴ノ花の「不撓不屈(ふとうふくつ」や若ノ花の「一意専心(いちいせんしん)」が想起されます

大関昇進は今年(令和2年)春場所の朝乃山以来

28歳10ヶ月での昇進は、年6場所制になった昭和33年以降で7番目の年長

師匠の時津風親方(元幕内・時津海)は急性膵炎で伝達式を欠席

師匠代理として部屋付きの枝川親方(元幕内・蒼樹山)が出席した

正代は27日に終了した秋場所で13勝2敗で初優勝

直近3場所計32勝で、昇進の目安とされる33勝には届かなかぅたが、安定感などが高く評価された

 
BBM2017大相撲カード■レギュラーカード■17/正代 直也/前頭


大相撲名力士風雲録 4―月刊DVDマガジン 貴乃花 (ベースボール・マガジン社分冊百科シリーズ)


Number VIDEO「若乃花勝 激闘50番」 [DVD]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です