大相撲、秋場所14日目、正代が2敗で単独トップ

26日に、大相撲秋場所14日目が行われました

2敗の関脇・正代と3敗の大関・朝乃山の注目の対決は、正代が押し倒しで豪快に勝利

正代は、この勝利で、結びで同じく2敗の新入幕の平幕・翔猿が3敗の大関・貴景勝に敗れたため、2敗で単独トップへ

関脇の正代は、もし優勝すれば、この日の大関への豪快な勝利も好印象で大関昇進の可能性も

前述のように、この日単独トップに立ったので、もし千秋楽に勝てば初優勝、負けても優勝決定戦への有利な状況

正代は熊本県出身で熊本県出身力士の優勝は過去にない

相撲史に新たな「歴史」を作るかもしれない

優勝争いは、14日目を終えて・・・

2敗で正代が単独トップ

3敗で貴景勝、翔猿が追う展開

 
BBM2017大相撲カード■レギュラーカード■17/正代 直也/前頭

正代の2017年の平幕時代の大相撲カード

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です