大相撲、秋場所11日目、朝乃山が8連勝

23日に、大相撲秋場所11日目が行われました

東大関(今場所は両横綱休場のため、出場力士では番付最上位)の朝乃山が、初日こそ3連敗しましたが、4日目から盛り返し、8連勝

1差で追走し、虎視眈々と優勝を狙います

西大関の貴景勝もこの日も勝ってこちちらは2敗で優勝争いのトップを並走

さらに先場所(7月場所)優勝の照ノ富士はこの日勝って8勝3敗とし、勝ち越しました

今場所が東前頭筆頭(1枚目)で、平幕最上位のため、三役復帰が濃厚に

それに加え、先場所に続く2場所連続優勝を狙える位置にいます

これらの結果、優勝争いは、2敗で貴景勝、正代、若隆景、翔猿の4人

3敗で追走するのが、朝乃山、照ノ富士、阿武咲の3人の展開

 
大相撲 朝乃山英樹―令和初の天皇賜杯 大器花咲く。


スポーツ報知 大相撲ジャーナル2018年12月号 九州場所決算号


相撲 2020年 08 月号 7月場所総決算号

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です