男子ゴルフ、全米オープンでデシャンポー選手優勝、松山選手17位

20日に、男子ゴルフのメジャー・全米オープン選手権(パー70)の最終日が行われました

4位からスタートした松山英樹選手は、78と失速し、通算8オーバーの17位

27歳のブライソン・デシャンポー選手(米国)が2打差2位から、この日最少の67で回り、通算6アンダーでメジャー初優勝

米ツアー通算7勝目

デシャンポー選手は「科学者」とも

科学的だと言い切る独自理論の持ち主

独自理論で頂点へ

首位だった21歳のマシュー・ウルフ選手(米国)は、この日75で通算イーブンパーの2位

 
世界標準のスイングが身につく科学的ゴルフ上達法 実践編 (ブルーバックス)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です