2リーグ制後の投打二刀流の先駆け 関根潤三 

関根潤三は、大谷翔平投手(大リーグ・エンゼルス)のような同時進行での投打二刀流ではないが、最初に投手で活躍し、その後打者に転向し、打者でも活躍した

2リーグ制後では、通算で50勝以上(65勝)、1000安打以上(1137安打)を記録したプロ野球史上唯一の選手

1リーグを経験している選手でも他に西沢道夫しかいない

オールスターに投手と打者で出場した最初の選手
(後に大谷翔平投手(日本ハム時代)が記録)

防御率ベストテン入りと打撃ベストテン入りをした史上唯一の選手

2003年に野球殿堂入り(日本)

今年(2020年)の4月9日に93歳で亡くなっている

 
プロ野球で「エースで4番」は成功しないのか 知られざる二刀流選手列伝 (SB新書)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です