打撃の神様&V9監督 川上哲治

川上哲治といえば、プロ野球・巨人の監督14年で11回のセ・リーグ優勝、11回の日本一と監督で出場した日本シリーズを全勝し、そのうち9年連続日本一(V9)を達成している偉大な監督です

しかも監督としても名監督なら、選手としても名選手、偉大な選手でした

「打撃の神様」「赤バット」「弾丸ライナー」などと呼ばれ、通算打率3割1分3厘は7000打数以上で当時の歴代1位

現在(2020年9月19日)でも張本勲に次ぐ歴代2位

セ・リーグMVP3回

首位打者5回、本塁打王2回、打点王3回など

日本シリーズMVP1回

オールスター戦MVP1回

シーズン、日本シリーズ、オールスターの全てでMVP獲得

通算で打率3割1分3厘、181本塁打、1319打点

通算181本塁打と本塁打は多くはなく、中距離打者で通算打率3割1分3厘のアベレージヒッターですが、本塁打に関する記録も多く、逆転サヨナラ満塁本塁打、1イニング2本の本塁打はともにプロ野球初

サイクルヒット達成

1950年にシーズン1試合3本塁打2回は当時のプロ野球記録

日本シリーズ通算打率3割6分5厘は80打数以上の歴代1位

 
ベースボールマガジン増刊 さらば、永遠の赤バット 川上哲治 追悼 2013年 12月号 [雑誌]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です